ジャニーズWEST神山智洋主演舞台、降板・谷村美月の代役は奥村佳恵 東京公演の振替日程も決定<LUNGS>

【モデルプレス=2021/10/10】ジャニーズWESTの神山智洋が主演を務める舞台『LUNGS』を降板することとなった女優の谷村美月に代わり、奥村佳恵の出演が決定。合わせて東京公演の振替日程も決定した。

◆新キャスト&振替日程決定

もともと出演予定だった谷村が持病の呼吸器疾患を起因とするパニック発作の発症により、降板することが6日に発表された。合わせて、10日(日)~31日(日)の東京グローブ座での全23公演の中止も決定していた。

今回主催者側は、奥村の出演と東京グローブ座での振替日程が2021年12月5日(日)~23日(日)となったことを発表。「東京公演のチケット発売日などの詳細は、追って公式サイトにて発表いたします。引き続き、よろしくお願い申し上げます」とした。

◆神山智洋主演舞台「LUNGS」

2011年の初演以降世界中で上演され続け、“現代戯曲の最高傑作”との呼び声も高い「LUNGS」。2019年には作者ダンカン・マクミランがさらに戯曲をブラッシュアップし、ロンドンのオールドヴィック・シアターにて、マット・スミス、クレア・フォイというスターキャストにより上演され大きな話題に。

今回、日本で初めて上演されるにあたり、ポップでロックな創作スタイルで脚本・演出ともに高い評価を受ける谷賢一氏が演出を担当。単独主演・二人芝居ともに初挑戦となる神山が主演を務める。(modelpress編集部)

◆奥村佳恵(おくむら・かえ)プロフィール

1989年5月31日生まれ、大阪府出身。2008年にオーディションより蜷川幸雄に見出され『音楽劇 ガラスの仮面』でヒロインのライバル役で女優デビュー。以降、舞台を中心に映像でも活躍。近年の主な出演作に、【舞台】『ポルノグラフティ』(21)、『人類史』(20)、『スケリグ』(19・20)、【映画】『王様になれ』『あの日のオルガン』(19)、『来る』『サニー/32』(18)、【ドラマ】『准教授・高槻彰良の推察』(21・CX)、『着飾る恋には理由があって』(21・TBS)、『スマホラー「捨てる」』(21・smash.)、「頭に来てもアホとは戦うな!」(NTV)など。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/10 15:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます