『世界の果てまでイッテQ!』NEWS・加藤シゲアキ出演で「手越祐也は必要」の声再燃も……復帰は「険しい道のり」に?

拡大画像を見る

 10月3日に放送されたバラエティ特番『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくりナンデス!日テレ秋のコラボSP』(日本テレビ系)。『世界の果てまでイッテQ!』パートにNEWS・加藤シゲアキが出演し、ネット上でさまざまな反応が寄せられた。

 この放送では、4月11日の『イッテQ!』にも登場した、「人間カーリング大会」を模したセットがスタジオに再出現。レールの上に置かれたタライに1人が乗りこみ、もう一人がそれを押して、前方に設置されたカラーボールの海に落ちないギリギリの位置を目指すというゲームを、5チームに分かれて行った。

「加藤は今月16日にスタートする同局の連続ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』チームとして参戦。タライに乗り込んで、同チームの柳楽優弥に押されることになり、『中学受験のドラマなんですよ。落ちるのは縁起悪い、滑り止めたい!』とドラマに絡めて意気込みを語りました。しかし、柳楽の押す力が強く、カラーボールの海に落下してしまいました」(芸能ライター)

 そんな中、ネット上には、昨年6月にジャニーズ事務所を退所したNEWSの元メンバーで、『イッテQ!』のレギュラーだった手越祐也の存在を思い出す人が多かったよう。

「加藤が登場したことで、ネット上にはNEWSファンを中心に『シゲが「イッテQ!」に出てる! 手越くんのことを思い出しちゃうな〜』『この場に手越くんがいてほしかった』などの声が上がったほか、『また手越くんのいる「イッテQ!」が見たい』『手越は番組に必要だったと思う』といった意見も寄せられていました。以前から同様の声はチラホラ聞かれていましたが、加藤の出演をきっかけに再燃したのでしょう」(同)

 手越はジャニーズ退所後、おもにYouTubeで活動中。公式チャンネルは登録者数160万人を突破したほか、今年7月から6カ月連続で配信限定シングルをリリースするなど、音楽活動も再開しており、来年1月から始まる全国ツアーの開催も発表されている。

「その一方で、テレビから遠ざかっているのが現状です。9月14日にニュースサイト『AERA dot.』が公開した手越のインタビュー記事では、独立後に民放キー局からのオファーがないことを明かしつつ、『出演料が厳しいという事情があったりしたら、無料でも出ますよ』と“ノーギャラ”で出演するとも発言していました」(同)

 しかしその後、同17日にニュースサイト「週刊女性 PRIME」は『イッテQ!』関係者の証言として、「(ノーギャラでも手越に)出演依頼することは100%ないでしょうね」「今のスタッフは手越さんに対し、そんな思い入れを持っていないと思いますよ」という、冷ややかなコメントを載せていた。

 将来的に、手越の地上波復帰がかなう可能性はあるだろう。しかし、ファンや視聴者が望んでいたとしても、『イッテQ!』に再登場する道のりはかなり険しそうだ。

  • 10/10 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます