富山県の新観光ルートが一般開放! 名称を募集開始

拡大画像を見る

 富山県首都圏本部は、2024年の一般開放を予定している富山県の観光名所「立山黒部アルペンルート」と「黒部峡谷鉄道」をつなぐ新たな観光ルート「黒部ルート」(仮称)の、新たな名称を募集している。応募は1人1点限りで、締め切りは10月31日。

 「黒部ルート」(仮称)は、日本一深いV字峡である黒部峡谷を走る「黒部峡谷鉄道」の終着点「欅平(けやきだいら)駅」から、立山黒部アルペンルートに接続する「黒部ダム」までの約18kmにわたる鉄道路線で、従来は黒部ダムなどの発電施設の保守、管理のために関係者のみが利用していた。
 2024年に同ルートが一般開放されることで、黒部峡谷鉄道と立山黒部アルペンルートが結ばれ、黒部奥山の雄大な自然と人類の英知を結集した電源開発の歴史を体験できる、希少性の高い新たな名所になると、期待を集めている。
 新名称の募集では、「宇奈月黒部キャニオンルート」「黒部宇奈月ヒストリアルート」以外の名称を、自由記述にて、ウェブサイトまたは郵便はがきやFAXにて受け付ける。なお、由来やコンセプトもあわせて記載する必要がある。
 採用された名称の応募者の中から抽選で、ペア3組6名に新ルートの無料招待券と、副賞として10万円分の旅行券が贈られる。また全応募者の中から抽選で各10名に富山県産品を選べる「トヤマカード」、または「黒部宇奈月カレーセット」が贈られる。
 新名称の発表記事は、2022年1月頃を予定している。

関連リンク

  • 10/10 15:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます