ラブラブが台無しになってない?【彼氏を萎えさせるキス】

拡大画像を見る


キスをすればラブラブになれると信じている人も多いのではないでしょうか。もちろん、全くキスをしないカップルよりも、定期的にキスをするカップルの方が仲が良いと言われています。
しかしながら、いつでもどこでもキスをするだけで仲良くなれるわけではありません。キスのシチュエーションによっては、彼の気持ちを萎えさせてしまう残念なキスになる恐れもあります。
では、そんな風にラブラブカップルに危機をもたらすキスとはどのようなキスなのでしょうか。


臭いのきつい食べ物を食べた後のキス

臭いのきつい物を食べたり飲んだりした後のキスは、お互いに微妙な気持ちになってしまうでしょう。たまに「二人とも同じものを食べたから大丈夫!」と考える人もいますが、自分の口臭と相手の口臭はどんなに好きな人でも違うように感じられてしまうもの。キスをした結果「なんか相性が悪い?」と勘違いしてしまう恐れもあります。きつい臭いのものを食べた後は、面倒でも口臭ケアをしてからキスをするようにしましょう。


わざとらしい演技をしながらのキス

女性がしがちなNGキスとして、わざとらしい演技をしながらのキスもよく知られています。ムードを盛り上げることを意識するあまり、単なるキスなのに「んっ」という色っぽい声を出したり、大げさによろけたりしていないでしょうか。そういう演技は実は男性にはバレバレで「逆に萎える!」と思われるリスクは非常に高いので注意してください。


毛の処理が微妙な状態でのキス

女性として気にしたいのが、ムダ毛の処理をキスの前にしっかりすることです。お互いに顔が近づくキスでは、当然ながら普段は見えないムダ毛にも目が行きます。口周りはもちろん、顔のムダ毛はしっかり処理できているでしょうか。忘れがちなのが、顎の産毛や眉やまぶたの周りのムダ毛です。油断していると彼に「キス顔のせいで台無し」と思われてしまうかもしれませんよ。


ラブラブカップルでもキスは気を抜かないように!

ラブラブカップルのキスはお互いに幸せになれると思われがちですが、実はキスのシチュエーションを間違うとお互いの気持ちが離れる原因になることもあります。
いつでもラブラブでいたいなら、どんなに付き合いが長くても「萎えキス」にならないように注意してくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/10 15:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます