インテル、A・サンチェスに代わるストライカーを今冬に獲得か…ヨヴィッチとラカゼットが候補に

拡大画像を見る

 インテルが、この冬の移籍市場でFWの補強を考えているようだ。9日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。
 
 同紙によると、インテルはチリ代表FWアレクシス・サンチェスがプレー時間の少なさに不満を持っているため退団を希望しており、同選手の代わりとして、すでにレアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチとアーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの両選手とコンタクトを取ったと報じられている。

 さらにヨヴィッチに関しては、23歳と若いにも関わらず国際的な経験が豊富であり、インテルにとって「理想的な解決策」であるとも指摘されている。また、ラカゼットに関しても2022年夏でアーセナルとの契約が満了することから、移籍金が安価になると予想されることも同紙は併せて報じている。

 現在リーグでは無敗をキープしているインテル。セリエA連覇に向け、更なる補強を行うのだろうか。

関連リンク

  • 10/10 14:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます