藤井聡太棋聖就位式で決意「強くなることで見えていなかった景色が見えてくる」

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太棋聖(19=王位・叡王との三冠)が10日、都内で行われた第92期棋聖就位式に登壇した。藤井棋聖は7月3日、渡辺明名人をストレートで破って棋聖位を防衛し、初のタイトル防衛と最年少九段昇段を達成した。

 紋付き袴姿で就位状や賞杯を受け取り、「私にとって初めての防衛戦で、力んでしまわないよう前期と同じく挑戦者の気持ちで臨めればと思っていました。渡辺名人との五番勝負はどれもきわどい将棋で3連勝は望外の結果だったと思います。経験を生かして来期よりいい将棋をお見せできるように精進して参ります」と緊張した面持ちで謝辞を述べ、深々と頭を下げた。

 初防衛しての就位式については「前期は実感が湧かないところもあったけど、防衛戦で前より実感が湧いてきたところがあるかなと思います」とかみしめた。扇子には雲外蒼天と揮ごうし、「強くなることで盤上で今まで見えていなかった新しい景色が見えてくるかなと思うのでそれを目指していきたい」と込めた思いを明かした。

 印象深い対局には、大逆転で防衛を果たした第3局を挙げた。劣勢でも諦めず、逆転する自身の将棋について「(序盤で)ミスをしてしまっていることに残念な気持ちはあるけど、それは終わった後に反省することで、対局中であれば目の前の局面で最善を追求することが対局に臨む上では大切なことだと思います」と盤に向かう強い思いを語った。

関連リンク

  • 10/10 11:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます