美女アナ6人「“一糸まとわぬ”生活」の内幕(2)加藤綾子は“理想のヒップ”完成間近

拡大画像を見る

 そんな田中に美ヒップで「果たし合い」を挑むのが加藤綾子(36)である。対抗心から、こちらも熱心に美ヒップトレーニングに励んでいた。

 一昨年に「ホンマでっか!?TV」(フジ系)で田中と共演し、長らく囁かれていた不仲説を一蹴した加藤だが、ライバル心はメラメラと燃えたぎったまま。

「フリー転身後の加藤は『筋トレが趣味』と公言し、腹筋を集中的に鍛えていました。それが、局アナ時代から常に比較され続けていた田中がボディ改造に成功して美尻の女神としてもてはやされるようになった頃から『尻トレ』にシフトしているんです」(出演番組スタッフ)

 18年8月放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)では「お尻を爆発させたいんです」と意欲を熱く語っていた。その美尻作りがいよいよ完成段階に近づきつつあるという。

「彼女は定期的にパーソナルジムに通い、ヒップアップに励んでいる。尻の関節の可動域を広げる『筋膜リリース』を念入りに施してもらい、『しなやかな尻』を作ったんです。ずいぶんと肉づきがよくなり、本人は『ほぼ出来上がり』と言っています。実は自宅で愛用しているのが、尻に電流を流すトレーニング器具。感電している状態で尻を動かすことで、効果が大幅に増強されるそうです」(出演番組スタッフ)

 美尻をさらに磨き上げるためならば、何事も厭わないようで──。

「最近は『ノーパン説』が指摘されています。インスタグラムを見る限り、どの写真もスカート越しにパンティラインがまったく見えない。『尻ファースト』のため、ノーパンで過ごしているのではないですか」(女子アナウオッチャー)

 ただ尻トレにいそしむだけではなく、成果をしきりにアピールすることも忘れていない。

「バキバキの腹筋を完成させた時もそうでしたが、彼女は極度の触らせたがりなんです。番組の女性スタッフに『触ってみて』とボリュームが増した尻を触らせています。さすがに男性スタッフには触らせていませんが‥‥」(出演番組スタッフ)

 田中へのライバル心と飽くなきトレーニングによって美尻は作られた。となれば──。

「女性スタッフに触らせるだけでは満足できず、美尻をアピールする写真集、もしくはトレーニング本を刊行して、ようやくゴールですよ。遠からず、彼女の鍛え上げられた美尻をじっくりと堪能できる機会があると思います」(出演番組スタッフ)

 電撃結婚で気落ちしたファンは吉報を待ちたいところだろう。

関連リンク

  • 10/10 9:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます