バイきんぐ・小峠「野球大嫌いになった」屈辱の思い出告白

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二が10日、フジテレビ系「ボクらの時代」に出演し、野球への恨みを語った。

 この日はミュージシャン・斉藤和義、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーとのトーク。斉藤が中学時代に野球部で、3年間補欠だったと告白した。小峠も「まったく一緒なんですよ」と野球経験者であることを伝えた。斉藤は「あの敗北感は悪くないよね」と補欠時代の思いを語ったが、小峠は「おれ、あれで野球大嫌いになりました」と異を唱えた。「憎くて憎くて、野球が。大嫌いなんですよ、いまだに!」と野球ヘイトはとどまるところを知らなかった。

 斉藤同様に3年間補欠だった小峠は、中3の最後の公式戦で、敗戦が確定的になった場面で代打で起用された。“思い出打席”は初球で顔の左側面にデッドボール。一塁上で、今度はけん制球が顔の右側面に当たり、顔の両方を抑えながらベースに立っていたという。「それから、大嫌いで野球が。いまだに。もういやですね」と眉間にしわを寄せながら吐き捨てた。

 小峠をフォローするように、斉藤も公式戦に1度だけ出場した思い出を告白した。小峠とは違い、まさかのライトオーバーのヒット。ベンチも大盛り上がりとなったが「脚めちゃくちゃ遅くて、ファーストでアウトになった」とありえない形での凡退となった。「ベンチのあの時の空気感が忘れられない。みんな殺意がメラメラしてた」と苦笑いし「それで青春時代暗ーくなっちゃって、ギターに走ったとこあるかもしれない」といい方に解釈していた。

関連リンク

  • 10/10 7:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます