「ジャニーズ最強」嵐を抑えて1位に輝いたグループは!?「30周年まで頑張ってほしいジャニーズグループ」トップ3【ランキング】

拡大画像を見る

 10月6日放送の『2021FNS歌謡祭 秋』(フジテレビ系)でメインMCを務めた嵐の相葉雅紀が、過去に同番組で放送された中から「オープニングでSMAPの皆さんが歌っていました『SHAKE』」が再び見たいとリクエスト。相葉は、自分にとってSMAPは「本当にもう、5メートル以内に近づけないぐらいの、それぐらいの絶対的なスーパースターだった」とSMAPへの思い入れも語っていた。そのSMAPは、今年9月9日でCDデビュー30周年を迎え、当日はSNSなどでファンたちが盛り上がっていた。SMAPは惜しまれつつも2016年に解散してしまったが、30年もファンに愛されているのは、さすがだ。

 そこで今回は10~30代の女性100人に「30周年まで頑張ってほしいジャニーズグループ」についてアンケート。みんなが選んだトップ3は?

 第3位は、Kis-My-Ft2。

 玉森裕太、藤ヶ谷太輔、北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、二階堂高嗣の7人グループのキスマイ。2011年8月10日にデビューし、今年10周年を迎え、『Bset of Kis-My-Ft2』をリリースした。キスマイは、グループの結成自体は2005年だったが、デビューするまでに6年かかった苦労人たち。グループ内ユニットの舞祭組をプロデュースした中居正広がMCを務める9月3日放送の『金スマ』に出演した際には、自分たちは他グループでデビューできなかった「落ちこぼれ集団」だと語っていたが、デビュー後はドラマやバラエティなどで、メンバーそれぞれが活躍している。

 キスマイを選んだ人達からも「下積み時代から応援している。デビューまでとても苦労したグループ。ぜひ長く続いてほしい」(28歳/女性/金融関係)、「みんなの個性がいろいろだけど、仲が良さそうで見ていて楽しい。SMAPに近い印象があるので、解散せずに頑張ってもらいたい」(36歳/女性/主婦)、「音楽番組、バラエティで活躍している。メンバーの脱退などもなく、デビュー前から頑張っていたから」(30歳/女性)など、応援する声が多かった。

■トップは“ポスト嵐”なグループ

 第2位は、現在活動休止中の嵐。

 1999年にCDデビューした嵐だが、デビュー20周年を迎えた2020年末をもって無期限で活動を休止している。リーダーの大野智は現在芸能活動も休止しているが、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤はそれぞれ、俳優やバラエティなどで活動。9月28日には、櫻井と相葉が同時に結婚を発表し、世間を驚かせた。

 そんな嵐を選んだ人からは「今は活動を休止をしているけど、メンバー同士が互いを尊重し合っているような印象がある嵐が好きだから」(18歳/女性/学生・フリーター)、「昔から大好きで、今はお休みしているけど嵐さん皆さんの愛があるため、5人と一緒に30周年をお祝いしたい」(22歳/女性/金融関係)、「最強のグループ。国民的人気アイドルだから長く続いてほしいと思った」(35歳/女性/主婦)、「いまやジャニーズといえば嵐。仲もいいし、存在感があってずっと見ていたいと思う」(37歳/女性/主婦)、「今はゆっくり休んで30周年のときにはそろって舞台に立っていてほしい」(32歳/女性/総務・人事・事務)など、活動再開を熱望する声が見られた。

 そして嵐を抑えて第1位に輝いたのは、King&Prince。

 2018年5月23日に平野紫耀、岸優太、永瀬廉、高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹の6人でキンプリとしてCDデビュー。故ジャニー喜多川氏が、最後にデビューさせたグループで、デビュー前にファンクラブが開設され、平野はデビュー前に杉咲花主演のドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』に出演、いちはやくブレイクした。メンバーの岩橋は、デビューした年の10月にパニック障害の治療のため休養に入り、2019年には一部活動を再開したが、今年3月いっぱいでグループを脱退、ジャニーズ事務所を退所した。

 キンプリには、「全員キャラクターがあって良いと思います。応援したくなる人たち」(28歳/女性/金融関係)、「仲が良さそうだし、全員良い子そう。岩橋玄樹くんのためにも頑張ってほしい」(35歳/女性/主婦)、「デビュー前から一緒に頑張ってきて、いろいろな経験、辛いことを乗り越えてきた。これからも仲良く、永遠に続いてほしい」(19歳/女性/学生・フリーター)、「同世代のアイドルとして、頑張ってほしい。それぞれ個性的で嵐みたいになりそう」(24歳/女性/デザイン関係)、「ジャニーズ内で優遇されいてるイメージだと思うが、実際のところはメンバーそれぞれがかなり努力しているので、ずっと仲良く頑張ってほしい」(26歳/女性/金融関係)など、さまざまな理由が挙がった。

 どのグループも、30周年、40周年と頑張ってくれることを期待しよう!

関連リンク

  • 10/10 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます