SHELLY「新恋人とスピード同棲愛」の裏に「2%番組」TBS『ラヴィット』アシスタントMC「即拒否」と一途な「日テレLOVE」!

拡大画像を見る

 7月21日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、新恋人の存在を明かしていたタレントのSHELLY(37)。ママでもある人気美人タレントを射止めたのがどんな男性なのか、10月7日の『女性セブン』(小学館)が伝えている。

「SHELLYが交際しているのは、有名大学の大学院を卒業している30代後半の高身長イケメンのカメラマンの男性だといいます。彼女と男性との仲はかなり進展しているようで、デートを重ねて、SHELLYの子どもともすでに遊ぶ関係。さらに、この夏に男性は所有していたマンションを売っ払って、SHELLYの自宅に転がり込んでいるというのです」(女性誌記者)

『今くら』で新恋人の存在を明かしてからわずか2か月ほどで、すでに同棲にまで発展しているとは展開が早い。ただ、SHELLYの新恋人に驚く点はほかにもあるという。

「SHELLYの新恋人となった男性は、日本テレビでカメラマンとして働いているというのです。“また日テレ”、ですよね」(前同)

■仕事も日テレと深い関係

 SHELLYは、2014年1月にテレビディレクターと結婚。2016年1月に長女、2018年1月に次女を出産したが、2019年11月に離婚した。

「前夫も、日テレの『しゃべくり007』などの番組を手掛ける制作会社のディレクターでした。新恋人の男性も、2020年1月の『しゃべくり007』で行なったSHELLYのお見合い企画に登場した男性の1人だったといいます。SHELLYは恋愛でも、日テレ一色になっているようですね」(前出の女性誌記者)

 SHELLYは、プライベートだけでなく仕事面でも日テレを贔屓にしている。現在、彼女が持っている地上波のレギュラー番組は『今くら』と『ヒルナンデス!』と、日テレの番組しかない。

「SHELLYさんは、今ある日テレのレギュラー番組をとても大切にしていると聞こえてきていますね。そこには、彼女が、TBS系で3月29日から始まった朝の情報バラエティ番組『ラヴィット!』のサブMC就任の話を、あっさり断ったということも絡んできます」(制作会社関係者)

■『ラヴィット!』よりも『ヒルナンデス!』を選んだ

 1月6日付の『文春オンライン』では、『グッとラック!』の後継番組のMCに麒麟の川島明(42)、サブMCにはSHELLYが内定したと報じている。

「『ラヴィット!』のサブMCに内定していたとの話まで出ていたのですが、実際のところは、SHELLYさんはオファーがあった段階で即、断っていたといいます。

 断った理由は、『ラヴィット!』が生活情報バラエティ番組で、レギュラー出演する『ヒルナンデス!』と内容面がかぶるから、というものだったといいます。つまりSHELLYさんはかねてから出演している日テレの『ヒルナンデス!』を優先させるために、帯番組の『ラヴィット!』のサブMCの話を断ったということですね」(前出の制作会社関係者)

『ヒルナンデス!』との“かぶり”を理由に断ったとの話だが、一方で、こんな話も聞こえてくる。

「SHELLYさんは、『ラヴィット!』が“こける”ことも事前に読んでいたのでは、ともささやかれていますね。

 実際、『ラヴィット!』はスタート以来、低視聴率が続き、半年経った今も改善はしていない。たとえば、10月7日の放送でも世帯2.6%、個人1.2%と低空飛行が続いています。聡明なSHELLYさんは、朝8時からバラエティ色の濃い番組をやってもあまり人気が出ないことを、放送前から感じとっていたのでは、とも言われていますね。

 とにもかくにも、収入面での大幅なアップが期待できる帯番組のサブMCをあっさり断って、日テレのレギュラー番組を優先するあたり、彼女が日本テレビに愛着を持っているのは間違いなさそうです」(前同)

 私生活も仕事も日テレ一色。将来、子どもが日テレに入社する、なんてことも?

関連リンク

  • 10/10 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます