山下美月、乃木坂46の活動で“心に穴があくような瞬間”告白<じゃない方の彼女>

【モデルプレス=2021/10/10】乃木坂46の山下美月と俳優の濱田岳が7日、テレビ東京系ドラマ「じゃない方の彼女」(10月11日スタート/毎週月曜よる11時06分〜)のオンライン記者会見に出席。日常生活で“じゃない方”だと感じるエピソードや、自らが持つ魔性女子への印象について語った。

今作は、秋元康が企画・原作を手掛ける全く新しいジャンルの「不倫コメディ」。

主人公の“大学准教授・小西雅也を濱田、雅也を振り回す天然魔性系女子大生・野々山怜子を山下が演じる。

◆山下美月、乃木坂46の活動で“じゃない方”を痛感したエピソード告白「最近入った子に…」

会見に登壇した濱田と山下には、「じゃない方の彼女」というドラマタイトルにちなんで「日常生活で“じゃない方”だと感じるエピソードは?」という質問が。

日々自身が“じゃない方”でることを痛感しているという濱田は「(本作の撮影で)モテているというか、女性からグイグイ好意を持たれているシーンが多いんですよね。それは僕のキャリアの中になかなかない出来事でして、いつものように高嶺の花を狙ってフラレる方が楽だったなと思います(笑)。結局“じゃない方”だったなって感じです」と笑いながら話す。

山下は、乃木坂46の活動において“じゃない方”を感じることがあると答え、「歌番組で自分の方にカメラが向いてると思ってすごいキメ顔してたけど、その後ろの子撮ってたとか、この方結構前から応援してくださってたのに、最近入った子に…とか(笑)、ふと心に穴があくような瞬間をたまに感じることがあって」と自身のエピソードを告白した。

◆山下美月、“怜子”が恋敵だったら「私が身を引きます」魔性女子への印象は?

また、「怜子のような魔性の女性はどう感じるか?」という質問に濱田は、「もし友達が怜子ちゃんに狙われてたら、男として『あの子はやめとけ!』って言うと思いますね(笑)」と答え、山下もその回答に「正しい!」と反応。

女性目線でも「(怜子は)怖いです。悪い子じゃないんですけど、目を合わせられない」と話した山下は、「恋敵にはしたくない?」と尋ねられると「絶対無理です!私が身を引きます(笑)」と即答した。

◆濱田岳「迷走したら最後インド映画みたいになってるかも」

最後に視聴者へメッセージを求められると、山下は「怜子の揺れ動く気持ちだったりとか、真っ直ぐな思いを受け止めている雅也さんだったりとか、人間関係や愛の強さとかも感じられる作品なので、家族で笑いながら見ていただきつつ人が人に与える愛情みたいなのを感じてくださったらいいなと思います」

濱田は「みんなで『不倫コメディ」という答えのないものに対して、連続ドラマとして最後に向けてどう進んでいくかという中で、現場は戦いながらも明るく楽しくやっていますし、この戦いの結果が皆さんの笑顔に変わるようにお届けできたらいいなと思っています」と語り、「不倫というのは、考え方が人それぞれ違うものなので、僕らが迷走したら最後インド映画みたいになってるかもしれません(笑)。お楽しみに!」と冗談を混じえつつ、明るく会見を締めくくった。

◆濱田岳主演「じゃない方の彼女」

お笑い芸人の目立たない方、みんなが選ぶものとは違う方、クラスの主役じゃない方、モテない方…実は世の中の多くの人が何かの「じゃない方」。今作は、どこにでもいる普通に幸せな人生を送ってきた男性にスポットライトを当て、妻と妻“じゃない方の彼女”との狭間で右往左往する姿をコミカルに描く。

さらに、山崎樹範、東野絢香、豊田裕大、YOU、小西真奈美など、豪華出演者が発表され話題沸騰中。今まで関わったことのないタイプの女性に翻弄され、戸惑いながらも道ならぬ恋の沼へと沈んでいく男の姿が何故か笑える、今までにない新ジャンルの不倫コメディとなっている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/10 7:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます