ダウンタウン、日テレ大晦日『笑ってはいけない』休止で芸能界に甚大余波!!袴田吉彦「再婚激白」の裏事情と頭を抱える「2大不倫芸能人」!

拡大画像を見る

 10月も中旬を迎え、『NHK紅白歌合戦』をはじめ、年末年始の特番の話題が聞こえてくるようになってきた。

 そんな中、『紅白』と並ぶ大みそか恒例の特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)が今年は休止されることが早々に発表された。

 9月20日、日本テレビは同番組を休止し、新たに終わり特番『絶対笑って年越したい!笑う大晦日』(仮)を生放送を生放送すると発表。

 ダウンタウンの松本人志(58)はこの発表を受け、「コロナ禍において【笑ってはいけない】の収録は難しいと去年つよく感じました。クオリティーを下げてまで番組を続けるのは楽しみにしてくれている方々に対して尻より心が痛いです」とツイートしたことも話題となった。

「新番組『笑う大晦日』は、お笑いコンビによる漫才、コントが中心のネタ番組になるそうです。ただ、『笑ってはいけない』の休止に多くの視聴者がショックを受けていますし、民放トップの視聴率を誇っていた日テレとしても大打撃なのは間違いない。

 また、『笑ってはいけない』は不祥事を起こした芸能人にとっては“再生工場”としての一面も持っていましたから、番組の休止は芸能人にも甚大な余波があるでしょうね」(芸能プロ関係者)

『笑ってはいけない』にはこれまで、2017年に“アパ不倫”が報じられた袴田吉彦(48)が、2019年には“4WD不倫”の原田龍二(50)が出演し、笑われることで見事復帰を果たしていることもあり、“禊(みそぎ)番組”としての実績がある。

 2019年の原田が登場するパートには袴田のほか、やはり“ゲス不倫”がたびたび報じられている宮崎謙介元衆院議員(40)と金子恵美元衆院議員(43)夫妻も出演し、お茶の間に衝撃と笑いを届けた。

■“アパ不倫”の袴田吉彦は『ダウンタウンDX』で再婚発表

「『笑ってはいけない』に出れば見事なまでに禊が済むんです。そして、翌年からはなぜか普通にテレビに戻ってくることができる。番組がスキャンダルの内容をネタに盛り込んでイジってくれるため、その後も周囲からイジってもらいやすくなるんですよね。そしてやはり番組の中心にダウンタウンがいるのが大きいですよね。天下のダウンタウンに復帰のお墨付きをもらった、というふうに視聴者も芸能界も制作サイドもなるのでしょうね。

 同番組に出演したことで見事な返り咲きを果たした1人が袴田さんです。“アパ不倫”を思いっきりイジってもらって大爆笑をさらいました。それ以来、ダウンタウンの松本さんと浜田雅功さん(58)も袴田さんのことを気にしているようですし、気に入っているみたいですね」(前出の芸能プロ関係者)

 その後、袴田はダウンタウンと番組で共演するなど、“アフターフォロー”もしっかりしていると言えそうだ。

「袴田さんもダウンタウンの2人には頭が上がりません。あのままだったら芸能人生が終わっていた可能性もありますからね。だからこそ、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で再婚したことを発表したといいますね」(前同)

 袴田は10月7日放送の『ダウンタウンDXDX 秋の22間スペシャル「最強のプライベート情報!スターのスマホ一斉調査スペシャル!」』に出演し、30代美容サロン経営者の女性と再婚したことを発表。

 スマホの待ち受け画面が女性とのツーショットであることを指摘された袴田は、「これは本命ですよ。彼女です」と応じ、「テレビで初めていうんですけど、先日入籍させていただいて」と告白。ダウンタウンをはじめとする出演者から祝福された。

「袴田さんは、“ダウンタウンさんにちょっとでも恩返しできたら”と、2人の番組で、テレビ初出しの話題を提供したそうですよ」(同)

■深刻マンネリ化で『笑ってはいけない』は来年の放送もナシ!?

 多くの不祥事芸能人が『笑ってはいけない』の恩恵を受けてきた。

「今回の番組“休止”というのはいったんリセットするという意味合いが大きいようです。松本さんがツイートしていますが、やはりコロナ禍ということも休止の理由として大きかった。しかし、それと同じくらい大きかったのが、“マンネリ化”だと言われていますね」(放送作家)

『笑ってはいけない』に対しては数年前から、視聴者からも「そろそろネタ切れでは?」「毎年同じことの繰り返しで飽きた」といった声が上がっていた。

「松本さんも数年前からやる気を失っていたという報道もありましたし、毎年のように会見では冗談交じりに“やめたい”と言っていましたからね。そもそも、『笑ってはいけない』は“『紅白』の裏でこれだけくだらないことをやったら面白いのでは?”というノリから始まったような番組ですからね。

 しかし、継続していくにつれて権威化していってしまい、“お笑い界の『紅白』”のような番組になってしまった。見るほうも“今年は何やるんだろう”、“誰が出る?”といった具合に、番組があるのが当たり前になっていた。

 ダウンタウンさん、特に松本さんはそこに違和感を抱いていたのではと言われていますね。また、演者の体力面も大きかったでしょうね」(前同)

 一番若手のココリコの2人ですら50歳。ダウンタウンの2人はあと2年で還暦を迎える。

「マンネリ化と、長時間にわたる収録で体力を削るようなことをやらなければならないことなどもあり、モチベーションもなかなか上がらなかったのではないでしょうか。今年はそこにコロナがあった。

 今年は休止ということですが、コロナが落ち着いてからもマンネリ化の打破は難しい。ダウンタウンさん2人の意向次第でしょうが、来年以降の『笑ってはいけない』の復活も難しいのでは、とささやかれていますね……」(同)

■『笑ってはいけない』休止の最大の被害者は“ゲス不倫”の渡部建&東出昌大!?

“不祥事芸能人再生工場”がなくなるのは、不祥事を起こした芸能人にとっては大打撃だろう。

「最も頭を抱えているのはアンジャッシュの渡部建さん(49)、そして東出昌大さん(33)ではないでしょうか。渡部さんは昨年の『笑ってはいけない』に起用されていましたが、事前に報道が出てしまい、出演部分はお蔵入りしてしまいました。

 渡部さんはスキャンダルの内容があまりにもひどすぎるため、テレビスポンサー的に完璧にNGを食らっていて、今後も地上波への復活は難しいと言われています」(ワイドショー関係者)

 2020年1月に唐田えりか(24)との3年にわたる不倫を報じられた東出については、10月8日に主演映画『草の響き』が公開されたばかりだ。

「映画公開にあたって複数のWEBメディアのインタビューに応じていますが、そのインタビューに対してネットには批判が殺到。たとえば10月7日付の『ENCOUT』のインタビューを目にしたネットユーザーからは“もうこの人の出ているドラマや映画は見たくない“、“厚顔無恥にもほどがある”といった声が寄せられています。

 2人に関しては何をやってもドツボ、やることなすこと八方ふさがりといった状況です。そんな彼らを唯一救える可能性があったのが、『笑ってはいけない』に出て、大爆笑をさらうことだった。ダウンタウンのお墨付きがあれば現状を打破できるはず。ただ、番組は休止し、来年以降の放送も難しそうという見方がある。『笑ってはいけない』の休止に、2人は頭を抱えているかもしれませんね」(前同)

 渡部と東出を地上波番組で見られる日は訪れるのだろうか。そして『笑ってはいけない』に代わって放送される『笑う大晦日』は『紅白』に太刀打ちできる番組になるのだろうか!?

※画像は蝶野正洋の公式インスタグラム『@2020chono1225』より

関連リンク

  • 10/10 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます