コロナ禍で気になる“手洗い事情”…「手荒れ」があると「洗い残し」の原因に? 皮膚科医に聞く「手荒れをしない手洗い方法」とは

拡大画像を見る

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。毎週水曜日放送のコーナー「ユースキン製薬 presents Blue Ocean『ハンドケア・じぶんケア』」では、ハンドケアやセルフケアなど、感染症対策にもつながる知識を紹介します。

10月6日(水)のテーマは「ハンドケア最新事情・手洗い編」。肌荒れ・ハンドケアに詳しい野村皮膚科医院・野村有子先生に、正しい手洗いとハンドケアについてお話を伺いました。

※写真はイメージです



◆「手荒れ」が洗い残しの原因に…!?

都内の保健所がおこなった調査によると、手洗いをするときに“洗い残しがちな部位”は、「手の甲」「指先」「利き手」の3ヵ所。また、コロナ禍で手洗い・消毒を繰り返すうちにできた手荒れによって、「自分でも気づかないうちに洗い残しが起きやすい」と野村先生。

そもそも「手荒れ」とは、皮膚に細かい傷がたくさんできている状態のこと。野村先生は、「こうした細かい傷のなかに汚れや菌が残って、洗っても汚れが落ちなくなってしまいます」と話し、「手荒れ=手の汚れが落ちにくい状態」と説明します。

また、手荒れがない状態をキープすることが、ウイルス対策にもつながると野村先生。手のケアで重要なのは「洗いすぎないこと」「刺激の少ない固形石鹸を使うこと」だと話し、「消毒をした後などは、ハンドクリームを塗って、手を保護してあげることが大事です」とアドバイスを送りました。

◆アルコール消毒はどう使う?

コロナ禍ということもあり、家のなかでも何かに触れるたびに手洗いをする人もいますが、野村先生は「そこまでする必要はありません」とコメント。しっかりと手洗いをするのは外出後のみで問題なく、自宅で過ごすときは、手洗い・アルコール消毒の両方をおこなう必要はないと言います。

さらに、アルコール消毒については「外出先で何かに触ったときに消毒するためのもの(という認識で生活していただければ)」と解説。消毒をしすぎると、もともとある手の脂が取れてしまい、手荒れの原因になるので注意をしてほしいと喚起しました。

10月13日(水)は、「第2回 ハンドケア最新事情・手洗い編」をお届けします。引き続き野村先生に、手洗い後のハンドケアのコツや、ハンドクリームのベストな使い方をお聞きします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月14日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/bo/

関連リンク

  • 10/10 6:40
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます