玉城ティナ デビュー当時からの10年の歩み凝縮

拡大画像を見る

 女優の玉城ティナ(24)が9日、都内でデビュー10周年記念写真集「世界」(小学館)の発売会見を行った。

 映画監督で写真家の蜷川実花氏(48)が全編撮り下ろした24歳目前の姿をメインに、14歳でのデビュー当時からの歩みを凝縮。自身で決めたタイトル“世界”について「コロナ禍で自分の生きている世界のもろさを実感して。時代がめまぐるしく変わっていく中でも、自分の世界だけは守って、強いものにしていきたい」と力を込めた。

関連リンク

  • 10/10 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます