これが、人気爆発の「ハンバーガー」だ!美食家が虜になった新店3軒

飲食業界におけるさまざまな店が、昨今ハンバーガー店を続々とオープンしている。

手軽に食べられるものを求める時代に後押しされて今、ワンハンドで食べられるハンバーガーがより個性的で贅沢に進化を遂げているのだ。

そんな百花繚乱時代のなかでも、とびきり個性が光るだけでなく新たな驚きのある絶品ハンバーガーを、東カレ編集部が厳選してご紹介しよう!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

1.フォアグラや神戸牛を使用した、恵比寿の豪華バーガーに美女が行列 『MERCER BURGER(マーサーバーガー)』

ビーフパティのロッシーニを狭んだ「フォアグラバーガー」2,800円


グルメ女子に人気の『MERCER CAFE恵比寿(マーサーカフェ)』が、同店で新たに『MERCER BURGER』を展開。

西麻布『グルマンディーズ』出身の長谷川北斗シェフがプロデュースする、フォアグラや神戸牛を使用した高級バーガーをはじめとした、こだわりの6種類のバーガーが揃う。


レモンピールがたくさん入ったサワーは、果汁を感じる濃い味わい。


高級で贅沢、そして濃厚な味わいのハンバーガーは、ほろ苦い「レモンサワー」900円と相性抜群。

新感覚のペアリングにも注目だ!

2.流れ落ちるソースがそそるチキンバーガーが、代官山を席巻中 『Doo Wop 代官山店(ドゥーワップ)』

BBQソースとエッグマヨがかかった、一番人気の「BBQエッグ」360円。濃厚でクセになる味わいが特徴


バンズからはみ出るボリュームの具材に、ダイナミックに垂れるソース。その本能的にそそられるビジュアルで、お洒落な代官山の人々をも虜にする店が誕生。

モモ肉はオリジナルスパイスに一晩漬け込み、衣に10種のハーブやスパイスを効かせてサクッと食感に。

ソースはBBQエッグやテリヤキなど、ガツンとした味が特徴の6種から選択できる。

マリトッツォもラインアップ!


軽やかな「レアチーズマリトッツォ」250円はデザートに。


バーガーは1個290円~というから、試さずにはいられない!

3.“野菜カレー”の仕掛け人による、代々木の「四角い」バーガーに驚き! 『BAKERY & BURGER JB'S TOKYO(ベーカリー&バーガー ジェイビーズ トウキョウ)』

毎日店で手ごねするビーフパティ113gを2枚挟んだ「ダブルダブルバーガー」690円。燻製にしたブラックペッパーがいいアクセントに


総量226gのビーフパティを、特製の食パンで挟んだハンバーガー。実はこれ、ハンバーガー店の元祖と語られる米コネチカット州の『ルイスランチ』のスタイルを踏襲したもの。

店主は『野菜を食べるカレーcamp』の創業者、佐藤 卓さん。

牛肉100%のパティは、US赤身肉を粗挽きにして和牛脂をプラスしている。


手作り感のあるテイクアウトBOXも印象的!


店内で焼き上げる食パンや豆乳マヨネーズなど、ケチャップ以外は全て手作りにこだわるバーガーに感動するはず!



ド派手なビジュアルに負けず劣らず、味わいが濃厚でとにかく旨い!

大人の贅沢がつまった逸品を、ぜひ味わっていただきたい!


▶このほか:「さあ飲むぞ!」な気分にピッタリのオシャレ酒場3選!驚きの“仕掛け”が楽しい!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/10 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます