ニューヨークはなぜ最下位に沈んだか? 1年で激変したキングオブコント決勝の空気

 お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただただ楽しく観るのもいいが、ふとした瞬間に現代社会を映す鏡となるのもお笑いの面白いところ。だったらちょっと真面目にお笑いを語ってみてもいいのではないか──というわけで、お笑いウォッチャー・タカ&ユージが気になる動きを勝手に読み解く!

決勝の空気を読みきれなかったニューヨーク

タカ 「キングオブコント2021」、本当に良い大会でしたね。

ユージ 良かったですね! ネタのレベルの高さ、採点と審査コメントの納得感、番組全体での余計な演出の少なさ、どれをとっても大満足でした。個人的には、ザ・マミィの1本目が好きです。

タカ 私も好きです。あとはニッポンの社長も良かったな。

ユージ ニッ社も面白かったですね。その2組もそうですが、全体的に、「なんやそれ!」というツッコミが存在しないネタが多いと感じました。

タカ たしかに、どのネタも「なんやそれ」な人ばかり出てくるのに、そういうツッコミにはなっていないネタが多かったかもしれないですね。「異質な人にも何か考えがある」というところが貫かれていて。

ユージ そうなんですよね。優勝した空気階段のネタもそうですし、人にはそれぞれいろんな顔があることを前提として描かれているキャラクターが多かったです。

タカ だからニューヨークが可哀想になってしまいました。嶋佐(和也)が演じている“変な人”のことを、嶋佐自身も「変なヤツ」とバカにしてる感じがするんですよ。それは言ってみれば、クラスでいじめられてこなかった側の目線だなと思うんです。そのカラーが今年はまったくお呼びでなかった。去年はKOCもM-1も、ニューヨークが強くなれる空気があったと思います。彼らの持っている味が大会を代表しているような空気というか。

ユージ 一変していましたね。この1年で、空気階段が持つ味の空気に変わっていた。

タカ もぐらとか、ザ・マミィ酒井(貴士)の持っている空気ですよね。ニューヨークも、決勝に出てみて「あ、こんなに空気が変わったんだ」って愕然としたんじゃないでしょうか。

ユージ 観ている間、ずっと「なんでこのネタを選んだの?」と疑問でした。今年の単独ライブでやっていたネタでしたが、その時点でそこまで面白くなかったし、同じ単独で今年のKOCの空気に合いそうなコントもやっていたんですよ。

タカ もちろんいろいろ考えて選んだんだろうし、準決勝と決勝でも空気は違ったんでしょう。大会規定に「原則として準決勝と決勝は2本とも同じネタをやること」と明記されているので、ネタは変えられないですし。

ユージ たしかに、ニューヨークらしいネタではあるんですが……。

タカ そうそう。去年までは、そのニューヨークらしさで押し切れば優勝できそうな雰囲気が漂ってましたから。

ユージ それでいうと、空気階段の1本目で特に良いと思ったのは、もぐらもかたまりも異質な人の設定だった点です。「クローゼット」をはじめ、空気階段がテレビで披露するネタはもぐらのキャラが濃くてかたまりがツッコミという形式が多いじゃないですか。だから世間的にはそのイメージが強いけれど、初めて決勝にいった2019年のKOCでやっていたように、かたまりが異質な人を演じるコントも実は多い。今年はどっちで来るんだろう? と思ったら、どちらにも偏らないネタだったことで、“らしさ”がより出ているように感じました。

タカ ほかのコンビはどちらかが異質だったのに対して、空気階段は2人とも異質で2人ともまとも、というキャラクターになっていましたね。そこも良かったのかもしれません。単独や普段のライブでは役割を入れ替えながらやっているわけで、それがちゃんと活きていた。

ユージ 歴代最高得点も大納得でした。

タカ 逆に納得がいかなかったのはジェラードンの得点です。ロバート秋山が96点をつけたことで蛙亭より順位がひとつ上になっていて、「秋山、こういうのを評価するんだ……」と思いました。

ユージ 見た目に面白くてインパクトが強くて、いかにも秋山が評価しそうなネタでは?

タカ そう、秋山はそっちなんだな、と再認識しました。旧来型のネタじゃないですか。

ユージ ベタでわかりやすくおふざけしてるジェラードンのコントは嫌いじゃないです。でも、西本が女子を演じるネタはいつもモヤッとします。

タカ 角刈りで男性的な見た目の人が乙女であるという違和感を笑いにするだけだと、ちょっとひねりがなさすぎます。次に出てきた男性ブランコがその違和感を逆手に取っていたから、余計にそう思いました。

ユージ 「そういう女性も実際にいるからなぁ」とも思ってしまいます。

タカ そうそう。見た目のギャップだけで笑わせることは差別的だと思う。男性ブランコのネタは、女装していること自体の笑いではなくて、そのキャラクターがどんな人なのかというところでの笑いなんですよね。平井が演じていたマリ、めちゃくちゃ魅力的でした。

ユージ いいですよねぇ。友達になってほしい(笑)。

タカ ガワに頼っていないから、平井以外の人がやっても成立するんですよね。ジェラードンのネタはそうなっていない。そこが大きな違いだと思います。それにしても、男性ブランコの1本目後の「あたしに2本目を見せてよ」みたいな松本人志のボケはなんだったんでしょうね。今回、ほかの審査員が審査に徹していて、コメントで無理に笑わせようとしていなかったから松本が全体に浮いて見えました。ニューヨークとのやりとりも古く感じませんでしたか?

ユージ あそこだけ“バラエティ”してましたね。ニューヨークとしては、点数が低い中で松本に絡むという2019年M-1のパターンを踏襲したんでしょうけど。

タカ それはもちろん知ってる上で、今年はそういう空気じゃなかったから別のかわし方もあったのでは? と思いました。

ユージ でもあそこでニューヨークがガチ凹みして変な空気になったら、後ろの組に響いたかもしれないと思うと、あれはあれでアリかなと思いましたよ。平場ができる彼らだからこその役割を果たしたというか。

タカ ニューヨークはもうバラエティでやっていくんでしょうね。

ユージ 今年のM-1はエントリーしていますが、来年のKOCはもう出ないかもしれませんね。彼らの場合、出て得することが来年はもっと減っているでしょうから。

タカ それにしても、マヂカルラブリーとニューヨークが9位、10位ってあらためてすごい。今年は即席ユニットも参加OKだったのに決勝には上がってこなかったし、大会全体を通してしっかり審査していることが伝わりました。逆に言えば、即席でもちゃんと面白かったら上がってくるってことですもんね。

ユージ Paraviで配信された反省会で、野田(クリスタル)が「ユニットがOKだったり自分の三冠がどうとかで荒れた大会になるかと思ったら、最終決戦に生粋のコント師3組が残って空気階段の完璧な優勝が出て、気持ちよかった」というようなことを言っていたのが良かったです。

タカ 素晴らしいですね。

ユージ それと、もうひとつ反省会で「良いなぁ」と思った場面がありました。「ファイナリストが本音をぶっちゃける」というテーマが設定されていて、ファイナリストたちが箱に顔を突っ込んで愚痴や反省を叫ぶ企画があったんですが、MCのかまいたち濱家が「特になければ無理にやらないでいい」と繰り返し言っていたんですよ。

タカ めちゃくちゃいい話じゃないですか。企画を決めた人に出演者が気を使う必要なんてないですからね。そういうのが面白いと考えてること自体、今やダサいですし。

ユージ 決勝本編の空気とも通じるところがありますよね。そこまで含めて、今年のKOCは本当に良かったなとあらためて思いました。

タカ 来年もこのままいってほしいですね。

  • 10/9 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます