高島彩アナ 育児家事「追い詰められたり」妻の主張止まらず「育休、名前変えた方がいい」

拡大画像を見る

 キャスターの高島彩(42)が9日、テレビ朝日「サタデーステーション」に出演。番組最後に、約1カ月の育児休暇から業務に戻った板倉朋希アナ(36)に「板倉さん、きょうで育休から復帰ですが」と問いかけた。

 板倉アナが「いやあ大変ですね、家事育児って終わりが見えないですよね」とじみじみと語ると、高島アナは「そうなんですよ!終わりがないから精神的に追い詰められたりもするんですけど、それが分かってくれて、うれしいです!」とかなり感情がこもった強めの口調に。

 板倉アナが「世の主婦の方は大変」と話すと、高島アナは「育休の育児休暇ってネーミングも変えた方がいいかもしれませんね」と返し、「言いたいことはいっぱいありますが、ありがとうございました」と番組を締めていた。

関連リンク

  • 10/9 23:17
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます