SKE48 大場美奈、SKE48からの卒業を発表「とにかくがむしゃらに毎日生きることができました」

SKE48の大場美奈が、本日10月9日(土)に東海ラジオ『SKE48 1+1+1は3じゃないよ!』に生出演し、SKE48からの卒業を発表した。

大場美奈は1992年4月3日生まれ、神奈川県出身。

2009年にAKB48 9期生としてAKB48グループに加入。チーム4キャプテン、チームBで活動をし、2014年<AKB48グループ大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜>のチーム再編にてSKE48チームKIIへ移籍し副リーダーに就任した。

2015年からはチームKIIのリーダーとしてSKE48を牽引。2018年に開催された<AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙>では8位となり、初めての選抜入りを果たした。

2019年には、1st写真集『本当の意味で大人になるということ』を発売。同年、舞台<ハケンアニメ>(演出・G2、原作・辻村深月)にて初主演を務め、2020年には2nd写真集『答え合わせ』を発売するなど、多方面でも精力的に活動している。

本日、SKE48がレギュラーを務めるラジオ番組『SKE48 1+1+1は3じゃないよ!』に、SKE48のキャプテン・斉藤真木子と、10月7日(木)に卒業を発表したばかりの山内鈴蘭とともに出演。2022年4月に30歳の誕生日を迎えることを機に卒業することを発表した。

大場美奈 コメント
私、大場美奈はSKE48を卒業します。

来年の4月、30歳の誕生日を迎えるタイミングでアイドルを卒業することを決めました!

AKB48に高校生で加入し、SKE48に移籍してからもアイドル人生13年をやり切ったと思っています。

私と出会ってくれたすべての人たちに言わせてください。本当に、ありがとうございました!

みなさんのお陰でアイドルになりたかった夢を叶えられて、なりたいアイドルになれて、とにかくがむしゃらに毎日生きることができました。

活動最終日まで応援よろしくおねがいします。

関連リンク

SKE48公式サイト

関連リンク

  • 10/9 22:45
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます