SKE48大場美奈が「30歳になるタイミング」の来年4月での卒業を発表。

拡大画像を見る

 SKE48の大場美奈(29)が9日、グループがレギュラーを務める東海ラジオ「SKE48 1+1+1は3じゃないよ!」に生出演し、来年4月にSKE48を卒業することを発表した。

 この日はSKE48劇場支配人兼キャプテンの斉藤真木子(27)と、今月7日に卒業を発表したばかりで、AKB48で同期加入だった山内鈴蘭(26)とともに出演。来年4月に30歳の誕生日を迎えることを機に第2の人生に羽ばたくことを明らかにした。

 大場は「来年の4月、30歳の誕生日を迎えるタイミングでアイドルを卒業することを決めました!」とし「アイドル人生13年をやり切ったと思っています。私と出会ってくれた全ての人たちに言わせてください。本当に、ありがとうございました!」と感謝。さらに「皆さんのおかげでアイドルになりたかった夢を叶えられて、なりたいアイドルになれて、とにかくがむしゃらに毎日生きることができました」と充実感を漂わせ「活動最終日まで応援よろしくおねがいします」と残り期間の完全燃焼を誓った。

 大場は2009年にAKB48に9期生として加入。14年のチーム再編でSKE48のチームK2へ移籍し、副リーダーに就任。15年からはチームK2のリーダーとしてグループをけん引。18年の選抜総選挙では8位となり、初めての選抜入りを果たした。

 神奈川県出身の大場は、来年4月3日に30歳の誕生日を迎える。最終活動日や卒業公演などについては、後日発表される。

関連リンク

  • 10/9 22:15
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます