彼は8歳年下「本気になっちゃダメ」心にブレーキをかけ、プラトニックを貫いた【オトナ婚/第9話(ノゾミ編)】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/251387/ )

40代以降で結婚した人=オトナ婚の経験者にインタビューするシリーズ第9回目は、44歳で結婚したノゾミさんです。

 

どこで彼と出会ったの?

彼はどんな人?

どうしたら結婚できたの?

 

などなど、気になるオトナ婚の実態に、ライターのミナト薫(47歳)が迫ります。

4話配信の3話目です。

 

合コンクイーンだった30代、乗り気ではないお見合いで浴びせられた屈辱的な言葉。結婚には縁遠いと感じていたノゾミさん。大切な人との別れをきっかけに家族や血縁を意識するようになり…。

 

年齢制限オーバー。潜り込んだ婚活パーティでの出会い

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/251387/ )

 

そんな心境で訪れた婚活パーティで、現在の旦那様と出会うんですよね。

 

「そうなんです。まず前提として、そのお見合いパーティは女性の参加条件が『40歳以下』だったんです。その時点で私は41歳。条件から外れているわけですが、電話で問い合わせたところ、特別に許可してもらうことができました」

 

40歳過ぎると婚活パーティに参加することも難しくなるんですね。でも、ノゾミさんはそこで潜り込めたからこそ、旦那様と出会えたわけで。早速運命感じちゃいました!

 

ちなみに、婚活パーティで会った時、旦那様の第一印象はどうだったんですか?

 

「覚えていませんね…(笑)。男性25人対女性25人ぐらいの規模で、男女が席を一人ずつずれていって、全員とお話をするという形式だったので」

 

では、そこからどうやって二人は接近したんですか?

 

「これまでの私は、婚活パーティで男性と連絡先を交換しても、その後のやり取りはしないタイプだったんです。電話が来ても基本は無視。めんどくさかったんですよね(笑)。

それが父の死をきっかけに、なぜか『これからは連絡をくれた男性と全員に会ってみよう』と思うようになったんです。それで、今の夫から連絡が来たときに会い、何度かデートを重ねて交際が始まりました」

 

タイミングですね。こうして二人が付き合うようになった時点で、ノゾミさんは41歳、旦那様は33歳でした。歳の差を気にしていたノゾミさんは、旦那様と交際していることを誰にも話していなかったそうです。

 

彼は8歳年下。本気にならないと心に決めていた

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/251387/ )

交際当時、ノゾミさんは41歳ですが、旦那様はなんと33歳! 私がノゾミさんだったら、かなり歳の差を意識しちゃいそう。

 

「もちろん意識しましたよ。お付き合いは始めたけども、結婚するなんてまったく思っていませんでしたね。それどころか『どうせ半年ぐらいでお別れするんだろうな』ぐらいに思っていました」

 

それは、ノゾミさんが自分の気持ちにブレーキをかけちゃってた感じですか?

「そうです。意識して彼のことを好きになりすぎないようにしていましたね。彼は自分のことを好きだと言ってくれるけど、鵜呑みにして自分も好きになっちゃうと、別れた時立ち直れないと思っていたので。なので、彼氏ができたことを家族にも誰にも言わず、こっそりと付き合っていました」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/251387/ )

自分を制御して傷つかないようにしていたんですね。

旦那様はどんな感じだったんですか? ちなみにノゾミさんの条件とする「イケメン」ですか?(笑)

 

 

「特別イケメンじゃないです(笑)。あんなに高い理想を持っていたのに、結局人を好きになるのは条件じゃないですね。

彼は、とにかく優しくておっとりとしている人です。年下ですけど、大らかで頼りがいもあります。

そして、彼も私と同じで、交際当時は結婚願望は特になかったと思います。後々聞くと、『ノゾミが結婚に興味がなさそうだったから、自分もそこまで意識していなかった』ということでしたが」

 

プラトニックな関係を半年続けた…セフレのいた私が

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/251387/ )

「ちなみに私は彼と付き合って半年間、手をつなぐ以上の関係にならなかったんです。付き合って1週間目にホテルに誘われたんですが、なんかそんな気になれなくて『もうちょっと待って欲しい』と伝えたんですね。

それから、半年間は完全プラトニック。私の一人暮らしのマンションに入れることもしませんでした」

 

なるほど。

 

「後日談になるのですが、彼いわく、『最初にホテルに誘った時、もしノゾミがすぐに乗ってきていたら、結婚することはなかったと思う。断られたことで、大切な人だと感じることができた』と」

 

ほぉ。駆け引きじゃないですけど、やはりそうやってきちんと向き合うことって大切ですよね。

 

そんな二人が結婚に至った最後の一押しは、まさかのトラブルに巻き込まれたことにあったそうです。

 

 

 

 

関連リンク

  • 10/9 13:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます