まさか!「遊びのつもりでキスしたのに本気になったとき」の対処法とは?

拡大画像を見る


遊びのつもりでキスをしたのに、そのキスが原因で本気になってしまったことってありませんか?「そんなつもりなかったのに...」「友達から発展することは絶対にないと思っていたのに...」と思って焦りが出ることもあるでしょう。
また、友達だった場合は「今度からどんな顔で会えばいいの...」と思うこともありますよね。そこで今回は、遊びのつもりでキスしたのに本気になったときの対処法について紹介します。


相手に本気だと伝える

遊びのつもりだったのに本気になったときは、相手に本気で好きになったということを伝えてみましょう。伝えなかったら、相手も本気にしていないことが多いため、今のこの恋愛はすぐに終わってしまうことも考えられます。
相手からも本気で見てもらうためにも、キスをしてから気になることを伝えてみたほうがいいでしょう。伝えることで変わることもありますよ。


キスの後から頑張る

キスをしてそこから好きになったのなら、相手からも恋愛対象として見てもらうために頑張りましょう。今までの関係上、その人に頑張るなんて恥ずかしいという気持ちもあるでしょう。
しかし、キスして本気で好きになったということは、その後は付き合うことを想像してしまいませんか?思い通りになりたいと感じるなら頑張るしかありません。


距離を置いて考える

遊びのつもりでキスをしているのは事実なため、本当に今自分の気持ちが相手に向いているのかをもう一度考えてみましょう。そのためにも相手と一度距離を置いてみてください。
もしかしたら、キスをしたばかりだから本気になっている感じがしているのかもしれません。距離を置いて考えてみて、それでも本気だと思えたら相手に向かって積極的に動いていきましょう。


遊びの姿勢を改める

遊びのつもりでキスをしたときは、遊びだというのが相手にも伝わっている可能性があります。また、キスもとても軽い気持ちでしたため、気持ちを込めていなかったでしょう。
今後、その態度を改めなかったら相手にとってあなたの気持ちが本気であることは伝わりません。そのため、遊びの姿勢を今すぐに改めて本気モードに突入しましょう。


遊びのキスから始まる恋愛もある

遊びのつもりでキスをした相手でも、キスが忘れられなくなって本気の恋愛が始まることがあります。キスをするときはいつでも本気になるかもしれないということをどこかで思っておくといいですね。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/9 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます