前田敦子 AKBの記憶あまりない「多分辛かった」たかみな「追い詰められた」過酷証言

拡大画像を見る

 元AKB48の前田敦子(30)と高橋みなみ(30)が7日放送のTBS「櫻井・有吉 THE夜会」に出演した。

 AKB総選挙裏側では、メンバーたちがピリピリするのかと聞かれると、前田は「そうですね。めちゃくちゃしてましたね、みんな」と明かし、高橋は「仲が悪くなるとかじゃなく、お互いがお互いの順位が気になってピリピリしちゃう、不思議な空間」と振り返った。

 ただ前田はメンバーで集まってAKB時代の思い出話になるが「あんまり覚えてないんですよね」と告白。有吉弘行が「俺も猿岩石の一番忙しかった時のこと、何も覚えてないよ。消そうとしてんのかな、辛すぎて」と言うと、前田も「多分、辛かった。何かが大変すぎたんだと思うんですよね」と同意した。

 一方で「別に元気なんですよ」と振り返ると、高橋は「元気だったかな。かなり追い詰められてるなって時期はありましたよ」と証言した。

 番組では、コンサート前に過呼吸になった前田の映像も伝えられ、高橋は「ミュージックビデオを1日3本撮らないといけないとか、CM3本はしごとか、その間にドラマやってるとか」と前田の過酷な状況を説明。メーク中は眠り込んで、いすに座ったまま後方に反り返っていたことを明かすと、前田も「みんなそうだったね」と振り返っていた。

関連リンク

  • 10/9 18:39
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます