何が大事か謎すぎる!理解できない彼女の「優先順位」9パターン

時間やお金の優先順位のつけ方には、その人の価値観が色濃く表れるもの。とはいえ、自分のこだわりが彼氏の理解を超えてしまうと、二人の関係に亀裂が入る可能性さえあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性125名に聞いたアンケートを参考に「何が大事か謎すぎる!理解できない彼女の『優先順位』」をご紹介します。

【1】彼氏をほっぽらかして、同性の友人とばかり遊ぶ
「『日曜日は女子メンバーでショッピング』って、デートの約束は後回し」(10代男性)というように、女の子同士の付き合いを大事にするあまり、彼氏をないがしろにするケースです。一度、女友達と彼氏とどちらとの約束が多いかを数えて、バランスを再考したいところです。

【2】まったく太ってはいないのに、体重を気にしてダイエットに励む
「『これ以上やせると低体重ゾーン』と健康診断で言われたのに、まだやせようとしてる」(20代男性)など、ダイエットへの飽くなき挑戦姿勢も、男性の目には奇異に映るようです。「目標45キロ」などとゴールをはっきり宣言して、彼氏を安心させてあげましょう。

【3】財布がピンチなのに、高い店で食事をしようとする
「『今日は牛丼にしておこうよ』と言ってるのに」(20代男性)というように、分不相応に散財したがるのも、見栄っ張りだと思われてしまうようです。彼氏の言う通り緊縮モードに徹したほうが、「経済観念のしっかりした女性」という印象を与えられるかもしれません。

【4】彼氏の「高収入」に惹かれているくせに、自分と仕事とどっちが大事か詰問する
「比べられるようなものじゃないんだけど…」(20代男性)など、返事に困るような質問は、彼氏を心底うんざりさせてしまうようです。さびしさを訴えたいなら、「会えなくて残念だけど頑張って!」とけなげな言葉に置き換えたほうが響きそうです。

【5】大して仕上がりに違いもないのに、やけに化粧に時間をかける
「『いつもより念入りにメイクしちゃった』って言ってるその顔は、普段とまったく変わりなし」(20代男性)というように、メイクの細かいニュアンスは、男性には伝わりにくいようです。彼氏を待たせているときは、手順を端折ることも検討してみましょう。

【6】どんなに疲れていても、バーゲンには必ず参戦する
「休日出勤でへとへとなのに、閉店間際のデパートに消えていきました…」(20代男性)など、バーゲン品ゲットを至上命題とする姿に、ドン引きする男性もいます。買い物がストレス解消につながるようなら、きちんと説明してわかってもらうと良いかもしれません。

【7】せっかく運動したのに、その後ドカ食いして台無しにする
「一緒にジムで汗を流したのに、『焼肉食べ放題行こう!』と誘ってくる気持ちがわからない」(20代男性)というように、努力を無に帰すような「天然ぶり」が不可解だと思われてしまうパターンです。体を鍛えることに一家言ある男性ならキレかねない事態なので、相手に合わせるのが無難でしょう。

【8】両親の結婚記念日には、繁忙期でも有休をとって帰省する
「いい子だとは思うんだけど、部署の全員が休日返上で働いてる時期に休むのは…」(10代男性)など、何が何でも家族の用事を押し通す姿勢は、「社会人」としての意識が強い彼氏には違和感を与えてしまうようです。何か言われたら、変に意固地になるより「そういう意見もある」とひとまず耳を傾けてもいいでしょう。

【9】めったに会えないのに、生理だからとデートをキャンセルする
「映画を観るとか、おとなしく過ごせるデートもあるのに」(20代男性)というように、生理を理由にデートを嫌がると、彼氏の気分を害するおそれがあるようです。なるべく生理の重さやつらさを訴えて、理解を促したいものです。

男性の理解が足りないことについては、きちんとした説明で納得してもらい、自分に問題があるようなら、態度や行動を改めて、二人の間の溝を埋めましょう。(倉田さとみ) 【調査概要】 期間:2015年6月2日から9日まで 対象:合計125名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/9 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます