月見バーガーの次は三角チョコパイの時期か マクドナルドで季節感じる人たち

拡大画像を見る

9月の「月見バーガー」に続いて、10月の期間限定メニューは......。日本マクドナルドは、「三角チョコパイ」を2021年10月13日から発売する。定番の「三角チョコパイ 黒」に、「三角チョコパイ よくばりカスタード」が加わって登場した。

マクドナルドでは、季節の定番商品がいくつかある。春は「てりたま」、夏が「ロコモコ」。夏の終わりに「月見バーガー」が始まり、秋になると「三角チョコパイ」と交代する。寒い冬が始まると「グラコロ」が登場するのだ。ツイッターでは、「月見バーガーの季節だな」や「三角チョコパイの季節か...」と、商品と関連づけて季節を感じる人々がいる。

春夏秋冬それぞれある

25歳の女性Aさんに、「季節を感じる商品」を聞くと、「月見バーガーとグラコロ。CMを見て、季節を感じる」と答えた。しかし、好きな季節限定メニューは別で「実際に食べるのは、三角チョコパイくらい」という。

ツイッターで、三角チョコパイの発売に「冬の訪れ」と投稿していた25歳男性Bさん。季節の定番メニューで思い浮かぶのは、「夏はカルピスのマックシェイク(2017、18年に発売)、夏の終わりは月見バーガー。冬は三角チョコパイ」と話した。商品で季節を感じるかについては、「月見と三角チョコパイは、異常に感じる」との話。

23歳の女性Cさんは、季節限定商品は食べないと前置きしながらも、季節を感じるのは「月見バーガーかな。出ると、みんなザワザワしだすから、『お月見の時期か』とは思う」そうだ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/9 18:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます