「テレビ撤退宣言」明石家さんまの「劇場での鳥肌感動実話」47年前「天才のはじまり」を目撃した有名芸人との絆

拡大画像を見る

 テレビで見ない日はない明石家さんま(65)。しかし、コロナ禍が明けたらテレビ出演の仕事を減らすつもりだと10月4日放送の『痛快!明石家電視台』(MBS)で告白し、話題を呼んでいる。

 さんまによると、「もうテレビとかでは自由に発言できなかったり、やりたいことができない時代になってきてるからやな。劇場でって言うので」「コロナが落ち着いたら劇場、劇場になんねん、俺」とのことだ。

「小規模な、キャパ100人の会場に月イチで出演する意向もすでに会社に伝えているといいます。しかし、考えてみるとさんまさんにとって劇場は原点ともいえる場所。かつて、お笑いのホームといえばテレビではなく劇場でしたからね。

 長いキャリアを誇るお笑いタレントの関根勤(68)も、YouTubeチャンネル『街録ch〜あなたの人生、教えて下さい〜』の10月2日投稿の動画で、かつてのお笑い界を回想していますね」(女性誌記者)

 関根が27歳のころ、同世代の人気者たちが一気に頭角を現す漫才ブームが起きていたが、当時25歳のさんまが関東に進出してきたとき、関根は「ああ、やっぱり出てきた」と感じたという。

「話はその少し前にさかのぼります。当時、東京に若いコメディアンがいなかったことから大阪の番組に呼ばれる機会が多かった21歳の関根さんは、マネジャーの勧めで大阪の劇場で、19か20くらいのさんまさんを高座で見たそうです。“すごく細くて、シュッとしていた”らしく、演目の前に入れるマクラ(小話)に、非常に感銘を受けた、と語っていました」(前同)

■伝説の「京子ちゃんシリーズ」

 関根によると、さんまの舞台は衝撃だったという。

「落語やらなかったんですよ。『京子ちゃんシリーズ』っていって。“京子ちゃん、今日なんでパンツ履いてないの?”“なんでわかるの?”“だって、スカートも履いてないもん”……。俺、そのハイセンスにゲラゲラ笑ったわけ。もうすごいのよ。他は覚えてないけど」

 と、強烈なさんま体験を明かしていた。

 のちに『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で再会したときに「さんまさん。俺実はね、『京子ちゃんシリーズ』見てんのよ。あの劇場で」とさんまに明かすと、

「(息をのんで)覚えてるわ……一人だけ笑ってる人がいた」

 と、なんと客席の関根のことを、高座のさんまも覚えていたという。

「当時、センスが突き抜けていて客には受けていなかったといいますが、さんまさんに衝撃を受けた関根さんは、“面白い若手を大阪で見てきた”と、周囲に話したそうです。関根自身はそのことについてよく覚えていないそうですが、さんまさん自身は“大阪に明石家さんまってすごいセンスの人がいる”と、関根さんが宣伝してくれたのを恩義に思ってくれいた、ということです」(前出の専門誌記者)

 関根は詳細を記憶していなかったが、昨年7月放送の『明石家電視台』で、さんま本人がこの件を振り返っていた。さんまによると、場所はガラガラの『うめだ花月』だったそうだ。

「“これね、なんば花月はウケるんですよ。うめだ花月は違うね、センスが”って言うて、遊んでるネタ、そこが面白かったっていうので。それで、(関根が)東京に帰って小堺君(小堺一機)とかに“さんまっていうのがいるよ”って、広めてくれはったの」(前同)

 と、さんまは当時の関根とのやり取りを振り返っていた。非常に鮮明に覚えていることからも、さんまにとって強く恩を感じた出来事だったことが伝わってくる。

■いまも関係は健在

「この出来事をさんまさんは本当に恩義に感じており、以来、関根さんが“番組出てください”というと、すぐに出てくれるといいます。15年に関根さんが監督を務めた映画『騒音』にさんまさんが出演した件も、“さんまさん、お願いします”と言うと、“いつ撮るんですか?”と引き受けてくれたうえ、その引き受け方もふつうでは考えられない方法だったといいます」(映画業界関係者)

 関根は、

「ふつうはさ、(自分の所属事務所)浅井企画から(さんま所属の)吉本興業に行くじゃない? 俺が直接頼んじゃったら、“おーいマネジャー、空けとけな? 関根さんの映画に出るから空けとけ”って。そこから吉本に話が行ってるわけですよ。さんまさんのOKから行ってる」

 と、通常のオファーとは逆の段取りだった話し、

「そういう人なの。ものすごい男らしい人」

 と改めてさんまを称賛した。

「“19歳からの恩が……いま60?”という問いかけに“さんまさんこの間66歳になった。俺も8になっちゃったから。2歳違うんだけど”としたうえで、“2人だけが面白さに気づけた”という指摘には“嬉しかったね。天才の始まりを見たからね”と、47年前の邂逅を嬉しそうに語っていました。

 17年の『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)で共演した際は、楽屋で関根さんの孫と会った際に“関根さんの気持ちわかった、あれは行ってしまうわ”と、娘夫妻の家に通ってしまう関根さんに共感する発言をしていたり、いまも関係は健在。いつか、さんまさんが”京子ちゃんシリーズ”をリメイクして、それを関根さんが客席で見る……なんて日も、来るかもしれませんね」(前同)

 明らかになった超大物芸人2人の絆と、さんまの男気。テレビから劇場にシフトしても、ひたすら人を笑わせ続けてほしい。

関連リンク

  • 10/9 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます