子ども向け定額サービス「Amazon Kids+」がFire TVシリーズで利用可能に

拡大画像を見る

 Amazonは10月7日、子ども向け定額サービス「Amazon Kids+」とペアレンタルコントロール機能「Amazon Kids」が、対応するAmazon Fire TVシリーズでも利用可能になると発表した。
 

  従来のFireタブレットシリーズやKindleシリーズ、Android OS、Chrome OS端末に加えて、Fire TVシリーズでも「Amazon Kids+」が利用可能になることで、さらに多くの子どもがアニメや映画、歌番組、キッズカラオケなどをより大きな画面で楽しんだり、家族一緒に視聴できるようになる。また保護者は、ペアレンタルコントロール機能「Amazon Kids」上の子ども一人ひとりのプロフィールを設定することで、子どもの視聴記録の確認や、視聴時間を制限することができる。
 「Amazon Kids」は、Fire TVのホーム画面上にあるプロフィール設定画面や、Amazon Kidsアプリ内で子ども用プロフィールを作成することで利用が可能となり、「Amazon Kids+」は、同アプリ内で会員登録を行い、登録完了後から使うことができる。また、設定画面の「アカウントとプロフィールの設定」から最大で4人分の子ども用プロフィールを作成することができ、子ども一人ひとりに合わせたコンテンツを楽しむことができる。
 Fire TVシリーズ向け「Amazon Kids+」と「Amazon Kids」の提供開始に合わせ、新たなアプリ「キッズカラオケ@DAMアプリ」(第一興商)と、動画タイトル「おかあさんといっしょ ともだち だいすき!」「えいごであそぼ Sing A Little Song!」「みいつけた!リサイタル うたうッス おどるッス」(NHKエンタープライズ)、「映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね」「しまじろうアニメ3D CGエディション(日本語版)」(ベネッセコーポレーション)、「レゴ ニンジャゴー」「レゴ フレンズ」「レゴ シティ」「レゴ ジュラシック・ワールド」が「Amazon Kids+」に追加された。なお、「キッズカラオケ@DAMアプリ」は独占配信、「映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね」と「しまじろうアニメ3D CGエディション(日本語版)」は見放題で独占配信している。
 さらに、Fire TVシリーズ上で提供しているDisney+(ディズニープラス)やHuluなどの動画配信サービスを保護者が子どものプロフィールに追加することで、子どもが楽しむコンテンツの選択肢をさらに増やすことも可能。保護者がプライム会員の場合は、Prime Videoを子どものプロフィールへ追加することで、子ども向けのコンテンツのみを視聴することもできる。
 Fire TVシリーズの対応機種は、Fire TV(第3世代)、Fire TV Stick(第2世代)、Fire TV Stick(第3世代)、Fire TV Stick 4K、Fire TV Stick 4K Maxとなる。

関連リンク

  • 10/9 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます