「折りたたみスマホ」販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種

拡大画像を見る

―[家電屋さんのトリセツ]―

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間勤めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

◆「折りたたみスマホ」のオススメ機種は?

 前回は「食器洗い乾燥機」を取り上げましたが、今回はテーマを大きく変えて、「折りたたみスマホ(フォルダブルスマホ)」の「販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種」をそれぞれ紹介したいと思います。

 ‘21年9月24日にiPhone13が発売されました。この機会にスマホの買い換えを検討している方もいるのではないでしょうか。そういった方たちに向けて、最新モデルが登場し、今後盛り上がるのではないかと期待している、折りたたみスマホを取り上げました。

◆横折りタイプ? 縦折りタイプ?

 折りたたみスマホは、本のように折りたたむ横折りタイプのほかに、ガラケーのような縦折りタイプが存在します。

 前者はタブレットのように使えるのが強みで、後者はコンパクトに持ち運べるのが魅力。それぞれ特徴が異なるので、用途に合わせて選ぶのが重要です。

◆▼Samsung Electronics「Galaxy Z Fold3 5G」

 1位は、Samsung Electronicsの「Galaxy Z Fold3 5G」を選びました。 ‘21年10月6日に登場した最新モデルで横折りタイプの折りたたみスマホです。支払総額はdocomoで23万7600円、auで23万7565円でした。

 最新技術が使われているだけあって、通常のスマホと比べてかなり高額ですが、性能は折り紙付き。Galaxy Z Fold3は、内側と外側に画面を搭載しており、折りたたんだときは一般的なスマホサイズの約6.2インチの画面で使用でき、開いたときは約7.6インチの大画面になります。

◆マルチタスクにも対応可能

 大画面で動画やゲームが楽しめますし、3つのアプリを分割して表示することもできるので、パソコンのようなマルチタスクも可能です。

 折りたたみスマホで初めてSペンに対応していたり、IPX8規格の防水性能を備えていたりするのもうれしいですね。

◆▼Samsung Electronics「Galaxy Z Flip3 5G」

 大画面よりもコンパクトさを重視したい方は、2位のSamsung Electronicsの「Galaxy Z Flip3 5G」がオススメです。こちらも‘21年10月6日に発売された最新モデルですが、横折りではなく縦折りタイプ。

 画面が小さいぶん、価格も安くなっており、支払総額はdocomoで14万8896円、auで14万8925円でした。できるだけ費用を抑えたい方にもピッタリだと思います。

◆開くと6.7インチと大画面に

 「Galaxy Z Flip3 5G」は、折りたたむと約4.2インチのコンパクトサイズに。小さなポケットなどにも収納できますが、開いたときのサイズも6.7インチと大画面なので、動画やゲームを楽しむのにも問題ありません。

 また、約1.9インチのカバーディスプレイに通知が再生されるのも便利。閉じたままメッセージの確認や音楽の再生などが行なえます。

 さらに撮影機能も充実していて、スマホを閉じたままカバーディスプレイでセルフィー撮影が行えますし、画面の角度を自由自在に調整しながら撮影することも可能です。

◆▼MOTOROLA「razr 5G SIMフリー」

 さらにお得に折りたたみスマホを購入したい方は、3位に選んだMOTOROLAの「razr 5G SIMフリー」を検討してみてはいかがでしょうか。

 SIMフリーなので知識は必要ですが、実勢価格は12万5000円ほど。‘21年3月発売と比較的新しいのもポイントです。

 razr 5G SIMフリーは、Galaxy Z Flip3 5Gと同じく縦折りタイプ。開いたときの画面サイズは約6.2インチと、スマホとして使うには必要十分です。

◆雨の中でも安心な撥水設計

 また、折りたたんだときは、カバーディスプレイが大きくて見やすいのも好印象です。個人的には、メタルとガラスを使って精巧に作られている本体デザインも好み。

 防水仕様ではないものの、撥水設計が施されており、雨の中などで安心して通話ができる点もいいですね。

◆販売員がオススメしない折りたたみスマホは?

 日本で販売されている折りたたみスマホは種類が少ないですが、インターネットなどでは海外で売られている折りたたみスマホを購入することも可能です。たとえば、Xiaomiが中国で販売している「Mi Mix Fold」もその1つです。

 Mi Mix Foldは、‘21年4月に発売された高性能モデルの最新機種。カタログスペックや評判を聞く限りは決して悪い製品ではありませんが、日本で使うにはハードルが高め。中国向けなので、日本語を追加する必要がありますし、Googleなども入っていません。

◆初めて折りたたみスマホを選ぶ際は…

 人とは違うもの、珍しいものを購入したい方がいるかもしれませんが、初めて折りたたみスマホを購入する方や、あまり詳しくない方はSamsung ElectronicsのGalaxy Z Fold3 5GやGalaxy Z Flip3 5Gあたりから、デビューするのがいいでしょう。

 いずれにせよ購入を検討する際は、家電量販店で足を運んでみてはいかがでしょうか。家電量販店ごとに独自のキャンペーンを実施しているので、お得に購入できる可能性もありますよ。

◆〈販売員が本当に買っている折りたたみスマホのBEST3〉

▼1位 Samsung Electronics「Galaxy Z Fold3 5G」
支払総額: 23万7600円(docomo)/23万7565円(au)
横折りタイプの最新折りたたみスマホ。内側と外側に画面を搭載しており、折りたたんだときは一般的なスマホサイズの約6.2インチの画面で、開いたときは約7.6インチの大画面で使用可能。3つのアプリを分割して表示することもできるので、マルチタスクもこなせます

▼2位 Samsung Electronics「Galaxy Z Flip3 5G」
支払総額:14万8896円(docomo)/14万8925円(au)
同じく最新モデルで、こちらは縦折りタイプ。折りたたむと、ポケットなどにも入れやすい約4.2インチのコンパクトサイズに。開いたときのサイズも6.7インチと大画面なので、動画やゲームを楽しむのにも問題ありません

▼3位 MOTOROLA「razr 5G SIMフリー」 実勢価格:約12万5000円
デザイン性にも優れた縦折りタイプの折りたたみスマホ。家電量販店では約18万円と高いですが、値下がりを初めているショップも。安価に購入しやすいですが、SIMフリーなので知識は必要です

◆〈販売員は選ばない折りたたみスマホのWORST〉

▼1位 Xiaomi「Mi Mix Fold」 実勢価格:日本未発売
中国向けの折りたたみスマホ。横折りタイプで高性能ですが、日本で使うにはハードルが高め。Mi Mix Foldに限らず、いくらデザインや性能などに惹かれても、国内向けに販売されていないモデルは選ばないほうが安心です

―[家電屋さんのトリセツ]―

【家電量販店のスズキ】
関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

関連リンク

  • 10/9 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます