母にされたことを私もしている…!? 親のエゴと「子どものため」の区別はどこ?【親に整形させられた私が、母になる Vol.72】

親に整形させられた私が、母になる
■前回までのあらすじ
「私の人格を否定しないで」と願い続けたが、母にはそういう生き方しかできなかったと気づくハム子。ようやく母を恨む苦しみから解放される。そして「息子にはやりたいことをやらせてあげたい」と、息子が希望する習い事を始めたが…。
■もしかしたら私はお母さんと同じことを息子にしてる?

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる

「母のように、子どもに親の希望を押し付ける子育ては絶対にしたくない」
そう思っていたにも関わらず、自分も当たり前のように子に希望を押しつけてしまったことに気づきました。

しかも、母とまったく同じで「これが子どものためになるだろう」とすら思ってしまったのです。
そんな自分が恐ろしくなりました。


※この物語は私の経験を基に、一部編集しています。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/9 16:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます