田崎史郎氏 岸田人事に「早くも不満出ている」「権力を失った二階さん」

拡大画像を見る

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏が9日、日本テレビ系「ウェークアップ」に出演。岸田文雄内閣が発足し、当選3回の若手議員3人が入閣したことについて「当選3回の人が入閣するのは非常に珍しいことなんです。安倍政権下でも1人だけ。岸田さんが約束を果たしたということだと思います」と語った。

 派閥別では、細田派4人、岸田派4人、竹下派4人、麻生派3人、二階派2人であることが伝えられた。

 田崎氏は「権力が変わったっていうことを示すのが、まず人事なんですね」とも指摘。「人事で甘利さんに近い人が閣僚になったり、党役員になったりしてるんで、そういう不満が早くも出てきている」と語った。

 一方で、二階派について「逆に権力を失った二階さんのカラーは、閣僚は2人とったんですけど、党の主要役員からは外れているんで、はっきりしてますよね」と指摘した。

関連リンク

  • 10/9 15:47
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます