吉高由里子、17年前のプリクラ公開/田中圭が間違えられた人気俳優は?

拡大画像を見る

 季節外れの暑さとなった今週。昼と夜の寒暖差も激しく、成田市のゆめ牧場では、桜が開花してしまいました。1日で冬から春に変わったと勘違いしちゃったんでしょうか。

 では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

◆①吉高由里子 「恐ろしい」17年前のプリクラ公開でファン「かわいすぎてやばい」「眉毛めっちゃ細い」

スポニチアネックス 10/5(火)ほか

 4日、吉高由里子が自身のツイッターを更新し、高校時代のプリクラをアップしました。

 高校時代の友達から送られてきたプリクラを見て、思わず「恐ろしい」と漏らした吉高さん。時代を感じさせる細眉に、「切るのはいいけど絶対に抜かない方がいいからね」と、実感のこもったアドバイスを送っていました。

 むしろ、いまよりオトナっぽいような。

◆②田中圭 似てる?あの人気俳優と間違えられ「すみません…自分、田中っす」

スポニチアネックス 10/6(水)ほか

 5日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日テレ)の4時間スペシャルに、田中圭が出演。向井理と間違われたエピソードを披露しました。

 それは、お店で食事をしていたときのこと。帰り際に女将さんから、また来店するときのために電話番号を登録していいか聞かれ、快諾した田中さん。ところが、女将さんから「お名前は向井さんでよろしいですね?」と言われてしまい、「すみません。自分田中っす」と迷いつつ訂正したのだそう。

 確かに向井理さんと髪型とか似てるかもしれないっす。

◆③中居正広、結婚はしたくない「幸せにする自信は全くないです」

日刊スポーツ 10/3(日)ほか

 3日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)に中居正広が出演。櫻井翔と相葉雅紀の結婚にからめて、自身の結婚観について語りました。

 松本人志から、「あなたはどうなのよ?」と振られた中居さんは、「したくはない」とキッパリ拒否。その理由は、「幸せにする自信は全くない」から。どこか遊びに行くとか、プレゼントをあげるとかもできないのだそう。

 軽々しく“こじらせ”なんて言えない雰囲気です。

◆④華原朋美、ターンテーブルで怪行動 綾小路翔震え、絶句「なんか怖かった」

デイリースポーツ 10/6(水)ほか

 5日放送の『爆笑!ターンテーブル』(TBS)に華原朋美が出演。アナ雪の主題歌「Let It Go」の替え歌「ありのままの朋ちゃん」を披露し、スタジオ中を震撼させました。

 歌詞のほとんどが自身の恋愛遍歴で、「付き合ったのはディレクター最多」なんてことまでぶっ込んでいました。身体を小刻みに揺らしながら熱唱する朋ちゃんは、審査員の綾小路翔も「心臓がバクバクして…」と身体変調を起こすほどのど迫力でした。

 いまの朋ちゃんなら雨乞いとかイケるかも。

◆⑤井上咲楽 先輩・こじるりが女子ウケしない理由を分析「指原さんをどうか勉強してください」

スポニチアネックス 10/6(水)ほか

 5日深夜放送の『Aーコマンド~有田と美女が発注にこたえます』(フジテレビ)に、井上咲楽が出演。事務所の先輩、小島瑠璃子の女性ウケが悪い理由を分析していました。

 番組からの指令で、女性から不人気の小島さんを分析した井上さん。決してウケてないわけではないけど、指原莉乃と比べたら人気がないのかもと語り、その要因は小島さんのスキのなさだと指摘。

「こじるりさん、すごいおきれいじゃないですか。女子からいったら、なんでもできちゃうっていう風に感じるんです。完璧じゃないですか。何もすることがないと思っちゃう」と持論を展開していました。

 ダメ出しと見せかけつつ大絶賛。井上さんの処世術が光ります。

<文/沢渡風太>


関連リンク

  • 10/9 15:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます