七海ひろき&浅野ゆう子、舞台『ゲゲゲの鬼太郎』参戦 ビジュアル解禁

 俳優の荒牧慶彦が主演し、2022年夏に東京・明治座で上演される舞台『ゲゲゲの鬼太郎』の追加キャストとして、女優の七海ひろきと浅野ゆう子がそれぞれ妖怪役で出演することが発表された。併せて2人が登場するビジュアル2種が解禁された。

 『ゲゲゲの鬼太郎』は、1965年の「週刊少年マガジン」連載に始まり、漫画、アニメ、映画、小説、ドラマ、ゲームなど、半世紀以上にわたり多くの人に愛され続けてきた作品。登場する妖怪たちの多くは日本古来より伝承された存在で、作者である水木しげるさんが新たな解釈やデザインのアレンジを加えたことで妖怪そのものが広く周知されるようになり、日本の妖怪伝承において大きな影響を与えた作品とも言われている。

 2022年夏、水木しげる生誕100周年にこれを舞台化し、明治座にて上演。主人公・ゲゲゲの鬼太郎役を荒牧慶彦、ねこ娘役を上坂すみれ、ねずみ男役を藤井隆が務める。

 新キャストの七海は「幼少期から大好きな『ゲゲゲの鬼太郎』の舞台に参加出来ること、水木しげるさんの描く妖怪役を演じられること、とても光栄に思っています。あるあるですが、寝癖などで頭のてっぺんの髪がピンとハネてしまった時、『妖怪アンテナ!!』と思い、一人で楽しくなってしまいます(笑)。素敵な出演者の皆様とご一緒させていただくことにも、今からワクワクドキドキです」とコメント。

 また浅野は「何よりもおばけが怖かった…夜一人でトイレに行くなどとてもじゃないけど出来ない。そんな幼い頃、ある日突然テレビから聞こえてきたご存知『ゲ・ゲ・ゲゲゲのゲ〜』そうか、おばけは学校も試験も無くて楽しいんだ…と。それに、水木先生の描く鬼太郎たちの愛らしいビジュアル。そこからおばけが少し怖くなくなりました。そして私はいまや妖怪女優と呼ばれたい!と希望しております(笑)。歴史ある作品で再び明治座さんに⽴たせていただけます幸せに心から感謝致しております。妖怪役が続いているような気も致しますが(笑)」としている。

 2種のビジュアルには、暗闇に浮かび上がる一つの目。そこにはそれぞれ、モノトーンの七海と浅野の姿が。今回のキャスト解禁を記念し、公式ツイッター限定で、スマホ壁紙サイズの画像が配信される。

 舞台『ゲゲゲの鬼太郎』は、東京・明治座にて2022年7月29日~8月15日上演。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/9 13:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます