金村義明氏 屈辱・丸刈りで生出演 大谷50本届かず 断髪は城島茂の圧力だと

拡大画像を見る

 野球解説者の金村義明氏が9日、テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」に出演。丸刈りになって登場した。

 黒いキャップをかぶり、伏し目がちに姿をみせると、カメラを前に帽子を取って一礼。髪は丸刈りになっていた。スタジオに驚きの声があがった。

 エンゼルス・大谷翔平が大活躍のシーズンだったが、金村氏は大谷の50本塁打&2けた勝利は「間違いない」と言い切っていた。

 「お約束通り、頭を丸めてまいりました。40年ぶりです。報徳学園以来、丸めてまいりました」。

 一方で「1カ月ほど前に、50本と2けたは間違いないと言ったところ、リーダーから、できなかったらそうするんだ!と。あのプレッシャーを感じまして。先週は髪の毛から(カメラを)抜かれたもんですから、どうしようと」と、司会の城島茂の圧力であると指摘。爆笑が起こる中、城島は申し訳なさそうにうつむいて笑っていた。

 ただし「一言いわしてください」として「アメリカのメジャリーガーたちにはがっかりしました。最高峰の力と力の勝負と言っておきながら、最後の方は大谷翔平から逃げまくってました、敬遠、敬遠。敬遠。あれにはがっくりしました。あれ勝負してたら間違いなく50本は行ってました」と大谷に拍手を送った。

 城島は「だとしたら、金村さんも、そうならず…」と応じ、金村は「僕は決めてました。打てなかったら頭を丸める、打ったらTOKIOに入れてもらおうと」と笑わせた。

 城島は「すみません、私が余計なことを言ったばかりに。男気に感謝します」と頭を下げていた。

 金村氏は同日、インスタグラムに大阪・福島の理髪店で丸刈りにした際の様子を伝えた。

関連リンク

  • 10/9 14:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます