C・ロナウド、代表出場数歴代4位が目前も…ポルトガル指揮官「起用に記録は関係ない」

拡大画像を見る

 ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、同クラブのFWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)について語った。8日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ポルトガル代表は、9日にカタール代表との親善試合を迎える。ここまで国際試合181キャップを記録しているC・ロナウドは同試合に出場すると、キャップ数で並んでいたスペイン代表のDFセルヒオ・ラモスを抜き、歴代単独4位に浮上する。しかし、サントス監督は「私がカタール戦で彼の起用を検討することに、記録の達成は関係ない」とC・ロナウドについて言及。以下のように続けた。

「いずれ彼は記録を達成するだろう。彼が達成できない時は、プレーできないような不幸があった時だけだ。だから、明日の試合(カタール戦)において、記録のことは関係ない。ただ、クリスティアーノについて言及しなければならないことは、彼は間違いなく試合に関与するということだ。今の彼はピッチ上での時間を必要としており、それこそがとても重要なことなんだ」

 現在36歳ながら、高水準のパフォーマンスを見せ続けるC・ロナウド。サントス監督は勝利への采配を優先する姿勢を見せたものの、その記録の行方には注目が集まっている。

関連リンク

  • 10/9 14:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます