アデル、激ヤセの理由と元夫との破局を激白 新恋人の存在も認める

拡大画像を見る

約6年ぶりの新曲『Easy On Me』を現地時間15日にリリースすると発表したアデルが『VOGUE』11月号の英米版の表紙を飾り、およそ5年ぶりとなるインタビューを受けた。

アデルは元夫でビジネスマンのサイモン・コネッキ氏との結婚生活を振り返り、「私にとって、すでにふさわしいものではなかった」と告白、「私が見てきた人々のような終わり方はしたくなかった。もの凄く悲惨ということではなかったけれど、自分を第一に考えなければ、惨めな思いをしたと思う。でも悪いことが起こったわけではないのよ」と述べた。

アデルは2019年にサイモン氏と破局、同年には離婚申請し、2021年3月には正式に離婚が成立した。ひとり息子アンジェロ君(8)の法的・物理的な親権は共有することで合意している。

インタビューでアデルは、両親が別れることを知ったアンジェロ君の当時の様子について「息子は私に多くのことを聞いてきたわ。本当に良い質問で、無邪気な疑問だったのよ。『どうして一緒に暮らせないの?』といった私には答えられないものだったけどね」と伝えた。

そんなアンジェロ君のために、アデルは今後発売される新作アルバムには、自身の結婚生活の破綻をテーマにした楽曲を収録したと明かした。

「アンジェロにはパートナーに対してどのように接してほしいかを示したかった。相手が女性か男性か、その他であるかにかかわらずにね。」

またアデルは約45キロの減量に成功したことが大きな話題になったが、激ヤセした理由については「精神的な不安があったから」と言い、「ワークアウトを通して強くなることに夢中になった」と説明している。

「ワークアウトをすると気分が良くなるのよ。減量を目的としたことは全くなかったわ。強くなって毎日、携帯電話なしで過ごす時間をできるだけ多く作ることが目的だった。鍛えることにかなり夢中になったわ。一日に2、3回はトレーニングをしているのよ。」

インタビューの途中では、アデルの新恋人でNBAエージェントのリッチ・ポール氏が同席したことも記されている。アデルが「ハイ、ダーリン!」と呼び、リッチ氏が近づくと「こちらがリッチよ」とインタビュアーに紹介した。そして「そう、私たちは付き合っているのよ」と交際の事実を認めたという。

画像は『Vogue 2021年10月7日付Instagram「@Adele turned to the studio」』『Adele 2021年10月7日付Instagram「Imagine four larger」』『British Vogue 2021年10月7日付Instagram「“People are shocked because I didn’t share my ‘journey’, ”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 10/9 13:36
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます