玉城ティナ、デビュー10周年を回顧「無理をしていたところもあった」24歳の抱負も<世界>

【モデルプレス=2021/10/09】女優でモデルの玉城ティナが9日、都内で行われたデビュー10周年記念写真集「世界」(小学館)の発売記念オンライントークショーを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

同写真集では、玉城ティナをデビュー当時から撮り続けてきた写真家・蜷川実花が全編撮影。女性をエンパワメントし続ける蜷川が、本作のために伊豆で撮り下ろした24歳目前の姿をメインに、デビュー当時からの貴重なカット、初公開となる過去のプライベートオフショットなど、デビュー10周年に相応しいティナの「世界」と解き明かしていく…。

◆玉城ティナ、デビュー10周年を回顧「続けられるとも最初は思っていなかった」

そんな写真集が発売された心境を尋ねられた玉城は「こんなに長い間、お仕事を続けられるとも最初は思っていなかったので、まずは10年という節目を、こういう素敵な写真集と一緒に迎えられて嬉しく思います」と声を弾ませ、「こういうご時世で気持ちが下向きになっていたときもあったんですけど、新しい作品を作れて、自分も味方が増えたような感覚になれたので、今の時期でよかったなと思います」とニッコリ。

お気に入りのカットや撮影エピソードを聞かれると「今回、撮り下ろしと10年間のアーカイブで構成されていまして、14歳から24歳までの10年間の私を詰め込んでいるので、その時代によって顔が違っていたり、ファンのみなさんも読んでいて思い出しながら“このとき私はこういうことしていたな”と過去を振り返りながら新しいものも見られるという面白い構成になっているんですけど、私は撮り下ろしだと表紙できている衣装のカットがすごく好きで、ちょっと不穏な感じもありつつ、光の中で私らしく立っている感じがするので好きです」と紹介し、撮影は4月に伊豆で行ったそうで「撮影としても1カット目に撮ったので、“この写真集をいいものにするぞ”という思いも込めて撮った写真なので、このパートが1番好きです。アーカイブでは黒髪が多かったんですけど、初めて金髪で表紙で、今までのイメージとは違ったりするのも新しい自分だなと思いますね」とアピールした。

加えて、同写真集の中で好きな年代の写真を尋ねられた玉城は「デビュー当時の写真を見ていると、“こういう顔で写っていたんだな”って勝手に懐かしいというか、感慨深いというか、いろんな感情になってしまうんですけど、懐かしいなと思うだけで戻りたいなとは思わないですし、それぞれよかったんじゃないかなと思っています(笑)」とコメントした。

◆玉城ティナ、タイトルに込めた思い

また「世界」というタイトルに込めた思いについては「コロナ禍において、自分の生きている世界の脆さを感じて、こうやって立たせていただいていることだったり、写真を撮ってもらえてみなさんと繋がれていたということが尊いなというのがあったので、自分の世界を守っていきたいし、強いものにしていきたいという思いもありますし、生きている時代だったり、周りの状況みたいなものも目まぐるしく変わっていく中で、自分の世界だけは守って生きたいなという気持ちを込めました」と打ち明け、「見ている人にも、これが私の世界観だし、表現したいことだということもわかってもらいたかったと同時に、見ている方が自分の世界ってなんなんだろうって考えてもらいたくて、このタイトルにしました」と語った。

同写真集が発売された8日に24歳となった玉城。誕生日当日は、ファンクラブの配信などの仕事と、食事を用意してくれた友人数名に祝ってもらったそうで、24歳の抱負を尋ねられると「20代の折り返しに差し掛かってきたなというのがリアルに感覚としてあるので、20代をどう生きていくかが半分決まりつつあるのがちょっと恐ろしいなとも思うんですけど、年齢とかは気にせずに、私らしい表現ができたらいいなと思っています」と意気込み、20代のうちにやっておきたいことについては「お仕事は出会いと運だなと心から思っているので、具体的な目標はあえて立てないようにしているんですけど、プライベートでは早く海外に旅行に行きたいですね(笑)。本当は20代のうちに数年間とか海外に住めたらいいなと思っていたんですけど、もう6年しかないので、いろいろと折り合いがつけば」と告白。

行ってみたい国については「ヨーロッパとかを回ってみたいですね。数ヶ月とか住みながら回ってみたいですし、10代の頃の感覚と今の感覚って全然違うので、自分が30代、40代になっていったときに、ちゃんと思い返せる時間がほしいなと思います」と語った。

◆玉城ティナ、今後の目標明かす

さらに、この10年を振り返っての感想と、今後の目標を聞かれると「あっという間の10年だったなと思いますね。沖縄から出てきたのが高校1年生で、そこから東京に住んでいるので、子どもだった時間を仕事に費やしてきたんだなというのが、振り返ってみて改めて思います」といい、「当時の自分は無理をしていたところもあっただろうし、でも撮影もお仕事も本当に楽しかったですし、芸能界っていうとまだちょっと不思議な感じがして、自分の感覚とフィットしていない感じがするんですけど、こうやってこの世界に馴染んでここに立たせてもらっているのが、まだ正直、不思議な感じではありますね(笑)」と吐露。

続けて、「でもいろんな人と出会いましたし、この先の10年間ももっといろんな人と関わって、お芝居のお仕事も写真もそうですし、いろんな表現に携われる人になれたらなと思いますね」と目を輝かせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/9 13:04
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます