玉城ティナ 「どのカットも時代によって顔が違う」 10周年写真集に自信

拡大画像を見る

 女優の玉城ティナ(24)が9日、都内でデビュー10周年記念写真集「世界」(小学館)の発売記念会見を行った。

 14歳で鮮烈なモデルデビューを果たしたデビュー当時の秘蔵カットから、映画監督で写真家の蜷川実花氏(48)が全編撮り下ろした24歳目前の姿をメインに、女優として成熟した現在までの歩みが凝縮された一冊。

 デビュー10周年という節目に玉城は「こんなに長い間お仕事を続けられるなんて思ってなかったので、ステキな写真集と共に迎えられてうれしい」と感慨深げで、「どのカットも時代によって顔が違う。ファンのみなさんと一緒に過去も振り返りながら新しいものも見られると思います」と期待を込めた。

 自身で決めた“世界”というタイトル。「コロナ禍で自分の生きている世界のもろさを実感して。時代がめまぐるしく変わっていく中でも、自分の世界だけは守って、強いものしていきたい」と力を込めた。

 8日に24歳の誕生日を迎えたばかり。「どんどん、新しいことができそうだなという期待感で迎えられました。20代も折り返しに差し掛かってきたんですけど、年齢を気にせず私らしい表現ができたら」と思い描いていた。

関連リンク

  • 10/9 12:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます