政治家の「2位の人をつぶすのが1位の人の仕事」にリンゴ「芸能界にもあるよね」

拡大画像を見る

 選挙コンサルタント・鈴鹿久美子氏が9日、読売テレビ「あさパラS」にゲスト出演し、岸田新内閣について解説した。

 デジタル相として初入閣した牧島かれん大臣(44)について「行動力があり有能」と人柄を説明し、同氏が麻生派で、自民党総裁選では河野太郎氏を支持したことも加えた。司会のハイヒール・リンゴが「その人を岸田さんは(内閣に)入れる?」と問うと、鈴鹿氏は「河野さんはがっかりすると思いますよ。中心的に河野さんを応援している人が、この(岸田内閣の)真ん中に持っていかれたこと。次に総裁選来たぞという時に、この方が率いる若い塊が向こうにいっちゃうんじゃないかと」と話した。

 リンゴが「引きはがしにかかる?」と続けると、鈴鹿氏は「2位の人をつぶしにかかるのが1位の人の仕事ですから。政治の世界では」ときっぱり。スタジオは「怖~!」とざわめいた。

 さらにリンゴは「芸能界にもあるよね~、佳代ちゃん?」と、ゲストの元AKB48・野呂佳代に話を向けた。野呂は「はい。あります。誰かが沈み誰かが浮くし」と前のめりで同調。リンゴが「佳代ちゃんがこの人沈めたとかあるの?」と聞くと、野呂は「そんなものは言えないですけど…ないです」と笑わせた。

関連リンク

  • 10/9 12:20
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 蓮舫議員が行政改革担当大臣の時に、「2位じゃ駄目なんですか?」と言った。

記事の無断転載を禁じます