乃木坂46与田祐希「ほんとにあった怖い話」初出演で主演 女子高校生役で初挑戦

【モデルプレス=2021/10/09】乃木坂46の与田祐希が、23日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』(21時~)に出演することが発表された。ドラマパートの一つ『七不思議』(仮)で、シリーズ初出演にして主演を務める。

◆与田祐希「ほんとにあった怖い話」初主演

乃木坂46の“次世代のエース”として人気を集めている与田は、2020年に公開された映画『ぐらんぶる』で映画初挑戦にしてヒロイン役として出演。さらに10月期の日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)でもレギュラー出演するなど、アイドルのみならず女優としても活躍の幅を広げる。

そんな与田が演じるのは、女子高校生・小野寺沙希。ある日の放課後、沙希は同級生の飯田七海(長見玲亜)と中村優奈(箭内夢菜)と一緒に文化祭の準備のため、教室で作業をしていた。すると、優奈が唐突にカバンから紙を取り出し、「(自分たちの)学校の七不思議の一つ“コックリさん”をやろう!」と言い出す。

疑心暗鬼になりながらも紙の上に10円玉を置き、人差し指を乗せて“コックリさん”を始める3人。すると、10円玉はゆっくりと動き始め…驚く沙希たち。その様子を見ていた同級生の森山諒(宮世琉弥)が、“コックリさん”の紙を3人から奪い取り、止めに入る。

「本当に悪い霊を集めることがあるから、遊び半分でもこういうことはしない方がいいよ」と不思議なことを言い残し去っていく森山。実は、沙希の通う学校には、他にも七不思議のウワサがあり、“コックリさん”をきっかけに沙希の周りでは、次々と奇妙な現象と恐怖が降りかかる。

◆与田祐希「ドキドキしながら撮影」

『ほん怖』初出演が決まった与田は、「乃木坂46に入るずっと前からよく見ていた番組だったので、最初は自分が出演できると聞いたときは不思議な感じでした。私は怖い話が好きで、特に『ほん怖』は家族と一緒に見るほど好きな番組なので、すごく楽しみにしていました」と率直な感想を告白。さらに「撮影で“コックリさん”をやるシーンがあったのですが、人生で初めて“コックリさん”をやってみて、“本当に動くんじゃないか…”という怖い気持ちにもなり、ドキドキしながら撮影をしていました。今回撮影を通して、“七不思議”を体験できたことは、うれしかったです」と語った。

そして最後に、「学校の“七不思議”って誰もが聞いたことはあるけど、実際に体験する人はあまりいないと思います。視聴者の皆さんには、ぜひ学生時代に戻ったような気持ちで『ほん怖』を見てゾッとして頂けたらうれしいです」と視聴者へメッセージを寄せた。(modelpress編集部)

■与田祐希コメント

― 出演が決まった感想

乃木坂46に入るずっと前からよく見ていた番組だったので、最初は自分が出演できると聞いたときは不思議な感じでした。私は怖い話が好きで、特に『ほん怖』は家族と一緒に見るほど好きな番組なので、すごく楽しみにしていました。

― 脚本を読んだ印象

私は学生時代、学校の“七不思議”を聞くことはありましたが、何か体験することは無くて…。よく学校で肝試しとかもしていたのですが、そういった場でも何か起きることは無かったので、脚本を読んで、“これが本当にあった話なんて怖い!”と思いました。撮影で“コックリさん”をやるシーンがあったのですが、人生で初めて“コックリさん”をやってみて、“本当に動くんじゃないか…”という怖い気持ちにもなり、ドキドキしながら撮影をしていました。今回撮影を通して、“七不思議”を体験できたことは、うれしかったです。

― 番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージ

学校の“七不思議”って誰もが聞いたことはあるけど、実際に体験する人はあまりいないと思います。すごく身近な感じがするからこそ、逆にちょっと怖い部分やゾッとする所もあると思うので、視聴者の皆さんには、ぜひ学生時代に戻ったような気持ちで『ほん怖』を見てゾッとして頂けたらうれしいです。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/9 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます