東野 出川に暴露された変人伝説「ウソ」 常連店店員と1度も会話なし「膨らませすぎ」

拡大画像を見る

 タレント・東野幸治が8日深夜、ABCラジオ「東野幸治のホンモノラジオ」に出演。3日の日本テレビ「DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくりナンデス!日テレ系秋のコラボSP」で「東野VS笑福亭鶴瓶」の「変人対決」が放送され、出川哲朗に暴露された「(東野は)通い続ける洋食屋の店員と一度も話したことがない」というエピソードを「ウソです」と断言した。

 東野は、近所に引っ越してきた出川に「おいしいところない?」と聞かれて紹介した店で、出川も通い始めて味がよく感謝されていたという。「出川さんは、オレが15年通ってるけど、店の人と1度も会話したことないって。この人、頭おかしいでしょって。(周囲も)そんなことあるの、女性ゲストも気持ち悪いみたいな感じになって」と収録の様子を振り返った。

 そして、「オレも黙ってたら、(出川は)『“ハンバーグランチ”“ごちそうさま”ぐらいしか言わないんだよ、彼は。頭おかしいんだよ。注文してからずっと、赤いフタの塩の瓶の裏に書いてある字を読んでるんです』って言うてて」と続けた後、「あれ、ハッキリ言います。ウソです」とピシャリ。「出川さんの漫談、膨らませすぎなんですよ。ただ、うけてるし、そんなんちゃうって言うのもなんやし…。ホンマに汚い」と訴えた。

 東野は「(収録が)終わってから出川さんに『あれ言い過ぎですよ』って言ったら、『ごめんね』って、それで終わるんですよ」とやりとりを明かすと、「そんなわけない。15年間、店に通って『ごちそうさまです』『ランチお願いします』しか言えへん人っておかしいでしょ」と強く否定した。

 実際の放送で出川は「(東野は)20年通い続ける洋食屋の店員と一度も話したことがない。そこのママに(東野は)変わってるけど面白いでしょ?といったら一度もしゃべったことがないと」と言い、スタジオは騒然。「(食事を)頼んでから運んでくるまで、テーブルの塩の瓶をずっと見ている」と説明していた。

関連リンク

  • 10/9 11:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます