スパイス料理研究家・一条もんこ 人生のコンセプトは「カレーで人を幸せにしたい」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMの新番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

9月19日(日)、9月26日(日)放送回のゲストは、スパイス料理研究家の一条もんこさん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)チャンカワイ、一条もんこさん


◆30を過ぎてゼロからの再起

一条:元々はカレーではない別の会社経営に携わっていたんですよ。それでお金をすごく貯めたんですけど、全部失ってしまったんです。

チャンカワイ:え!

一条:親にも誰にも言えなくて。

チャンカワイ:でもそこからですよね?

一条:はい。もう本当に腹を括ったんですよ。もう無理だと思って、全部人間関係も整理して、30を過ぎてゼロから再起しました。

チャンカワイ:そうですか! そこまで腹を括ったからこその「カレーのスパイスのプロ」っていう新しい道を掴んだんですね。

一条:はい。それはそうかもしれないですね。

チャンカワイ:カレーの歴史を学んだり、たくさんのカレーの知識を詰め込んでいったと。

一条:そもそも失ったものしかないので、入って来るもの(知識)しかなかったんですよね(笑)。私って勉強とか物事を覚えるのって苦手なんですけど、多分人生で一番物事を覚えたのはこのときですね。

チャンカワイ:人が本気でやる気になったら、30を超えてもなんでもできるっていうことですね!

一条:本当にそう思いました!

(左から)一条もんこさん、チャンカワイ


◆カレーで世界を救いたい

一条:カレーのことを語っているときが、一番自分らしい気がしますね。

チャンカワイ:それだけカレーがお好きなんですね。

一条:やっぱり「好き!」っていう気持ちがなかったら、ここまでできないですよね。結局、気持ちがないと行動って伴わないからですから。

まあ、運命共同体みたいなものですかね。スパイスは一緒に生きていくパートナーみたいな存在ですね。

チャンカワイ:もんこ先生が、今後目指すところはなんですか?

一条:ものすごく抽象的かもしれないですけど、カレー屋さんをやることで、人を救う、世界を救うじゃないですけど(笑)、私の人生のコンセプトには「カレーで人を救う、幸せにする」みたいなものがあるんです。

それこそ地方創生もそうですし、親にご飯を作ってもらえない子どもたちに対してもそうですけど、そういうところでいろんなカレーを振る舞うことで、たくさんの人を幸せにすることが最終的な目標なんです。

それは自分がカレーで幸せになったからなんですね。自分が幸せにならないと、人に対してはなかなか幸せにできないものじゃないですか。それまでに時間がかかりましたけど、今はそこを目指しています。

*   *   *

この続きはポッドキャストでどうぞ!

またこの番組ではヱビスビールのプレゼントをご用意しています。詳しくは番組ホームページをチェックしてください。

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/podcasts/cyt/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/9 11:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます