「またつまらぬものを斬って……」あの名台詞が交代後2年間なく戸惑い 石川五ェ門役・浪川大輔インタビュー『ルパン三世 PART6』では超長台詞有り!

2021年10月9日より日本テレビ系で全国放送スタートとなる、アニメ化50周年記念の新作テレビアニメ『ルパン三世 PART6』より、石川五ェ門を演じる浪川大輔さんのインタビューをお届けします。

アニメ化50周年を記念する今作『ルパン三世 PART6』には、超豪華なゲスト脚本家陣が参加。シリーズ構成を務めるのは、映像化作品多数の推理小説家でありアニメ・特撮の脚本も手がける大倉崇裕氏が担当し、オムニバスエピソードの脚本には特別ゲストとして、辻真先氏、芦辺拓氏、樋口明雄氏、湊かなえ氏、押井守氏など、小説界・アニメ界を賑わす豪華な顔ぶれが名を連ね、今シリーズのルパンを紐解くキーワード、謎多き〈ミステリー〉の世界へと視聴者を誘います。

2011年より三代目・石川五ェ門の声優を務める浪川大輔さんに、今シリーズの五ェ門の見どころやルパンのキャラクターとしての魅力、そして次元の声優が小林清志さんから大塚明夫さんに交代になることについてもお話を伺いました。

「お、ここをコンビ組ませますか!」みたいな設定も

――今年でルパンシリーズに参加されて10年が経ちましたが、振り返ってみて心境の変化などはありますか?

浪川:やはり10年経っても先代の井上真樹夫さんを追っている自分がいるな、という感覚はあります。まず、入りがそうだったので。そう考えると、なかなかそこを払拭できない、というところはあります。頭からそれを外さなければいけないことでもないと思いますが。それでも10年という月日ってすごいな、と思うのが、新しいルパンシリーズを毎回やらせてもらって、少しずつですが、自分だったらこうやろうかな、と自分らしさを出せるようになったこと。10年積み重なると、今までの五ェ門プラス、新たな一面も出せるようになってきたかな?と思います。

――特にそれを強く感じるようになった時期はありますか?

浪川:『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』をやらせてもらったときです。今の五ェ門になる前のお話だったので、今までのデータがありませんでした。(前任の)大塚周夫さんも井上真樹夫さんのデータもない状態で入らなければいけない、自分自身から出さなければいけないというのは、苦しいけれど演じたことによって何か手に入れたものもあったんじゃないかなと思います。

――TVシリーズをやるようになったことも大きいですよね。

浪川:ルパン作品の良いところでもあるのですが、脚本家が毎回代わったり、突然「これは試されているのかな?」というくらい昔のテイストを入れてきたりもあるのですが、基本的には新しいルパンが毎回始まっていくので、その中で「こういう五ェ門もいるんだ」と自分が知らない五ェ門がいたりすることもたくさんデータとして集まってくる。そういう意味では、TVシリーズは大きいですね。

ファンの皆さんが「今回のルパンは何色のジャケットなんだ?」と気にするように、みんなそれぞれのキャラクターデザインも変わっていますし、監督も代わったりしています。それがルパンの凄さでもあります。『ルパン三世 カリオストロの城』だったら宮崎駿さん、フルCG映画の『ルパン三世 THE FIRST』だったら山崎貴さんであったり、全くテイストが違うので。

――前作の「PART5」がネットやSNSなどをテーマにした近代的な話だったのに対し、今回「PART6」はミステリーで王道なルパンということですが、どんな五ェ門の活躍が見られそうでしょうか。

浪川:「PART5」の近代的な世界では、スマホなどに全然慣れないとか、女性や小さい子供と一緒に居なければいけない、みたいな今までの五ェ門が苦労する部分も多かったのですが(笑)。今回のミステリーは、またちょっと新しくて、誰が考えてもやはり五ェ門が得意そうではない分野が来ちゃったな、というところがあります(笑)。王道なルパンではあるのですが、ここ数年のシリーズで登場したアルベールが出てきたり、さらに今回はホームズも登場したりと、幅が広がっています。キャラクターたちのアクの強さも相まって、五ェ門がどういう存在感でいられるのかは、やはり見せ所になってくるのかな?と思っています。

今まで通りの部分もあれば、世界中を巻き込んでいく難しいミステリーの中で、世界のことなどあまり気にしないタイプの五ェ門が巻き込まれてどうやって立ち振る舞うのかは見ていただきたいです。

あと、今回メインのお話とは別に、オムニバスの短編があるんです。このオムニバスのお話がぶっ飛んでいて、さすがに10年やっていても「どう演じればいいのかな……」というお話もありました。例えばルパンとの関係値など。前回も仲間と思われないエピソードで悲しい想いをしたり色々ありましたが、今回もちょっと違う形で関係値みたいなものが見えてきたりするお話もあります。「お、ここをコンビ組ませますか!」みたいな設定もあったり。10年やってきてもまだまだいろんな発見があるんだな、と感じました。

――五ェ門的にも楽しみにしてほしいお話があるということですね。

浪川:そうです。マニアな方たちは、「え?ここでなぜ五ェ門なんだろう?」と感じるところはあると思います。今までは後半に出てきて美味しいところをいただいてサッと去っていくイメージだと思うのですが、五ェ門が「なぜだ……?」と悩んで考えるみたいな場面もあるのは、ちょっと見せ所かなと思います。

最初の2年間はあの決め台詞を言わせて貰えなかった!?「常にドキドキします」

――オムニバス話に関して、他キャストさんもどれもかなり印象が違うとおっしゃっているのですが、印象深い作品はありますか?

浪川:いろんな話があるのですが、「すごい世界観。なんじゃこりゃ?」と思う話もありました(笑)。でも、それがルパンの世界と相まってくると、なんとも言えない味になる。もちろん出ていない話もあります。でも、そのオムニバスの話で五ェ門を少し立たせてもらったなという感覚もあります。ルパンを使って、「どうぞ!」とかたちにできて楽しいんだろうなと思いますし、とても良いセッションができたのかな、と思います。皆さん世界観が強い作家の方なので、その世界観が存分に発揮されています。

――でも、全然テイストが違う作家さんのオムニバス話ですが、ちゃんとルパンの世界観になっているということですよね?

浪川:そうです。危うい話はあるかもしれないですが(笑)、ちゃんとキャラクターはそこに存在していますので。

――そのすべてに馴染むのルパンの世界のキャラクターたちって凄いですよね。

浪川:凄いです。やはりアニメ化を50年続けてこられたのは、モンキー・パンチ先生の懐の深さもそうですし、どんな世界観やテイストでも普通にそこで「わかりました」とルパンもルパンで居続けることができるのは、ルパンの強さだと思います。だから、どんな相手とコラボしてもイケるんじゃないかなと。『名探偵コナン』とのコラボもありましたが、絶対相手を穢すこともなければ自分たちが穢されることもない、という強さがすごいなと、改めて今回のシリーズで感じました。

――キャラのブレなさ、みたいなところもありますよね。

浪川:(ルパン役の)栗田貫一さんや、(銭形役の)山寺宏一さんはモノマネがとてもお上手なので、今コロナ禍で収録を別々にしているのですが、そうすると大体2人は五ェ門の声真似をされているらしいんです(笑)。クオリティーが高いので、ちょっと隙を見せると代わられてしまうかもしれないので気が抜けないです(笑)。

――(不二子役の)沢城みゆきさんが、栗田さんや山寺さんが五ェ門のモノマネをしてしまうから、浪川さんが自分のポジションがなくなるんじゃないかと怯えていると言っていました(笑)。

浪川:そうなんです……。ただ、今回のシリーズで、僕は6行くらい喋ったシーンがあるので、ぜひ楽しみにしていてほしいです!

――五ェ門にしては長セリフということですよね(笑)。

浪川:長いです! 皆さんにも言われました。「あれ?超長セリフじゃない?」と(笑)。6行も五ェ門が喋るって相当ですから! 体感30分くらいある感じでした。

――でも、五ェ門人気も高くなってきたと思うので、だんだんセリフも増えてきているのかな?と思うのですが、そのあたりは10年間で実感はないですか?

浪川:これはたまたまだと思うのですが、最初の2年くらいは僕は「またつまらぬものを斬ってしまった」と言っていないと思います。セリフになかったのではないかなと。

――ええっ!

浪川:ずっと自分の中で「言わせてもらえないのかな」と思いながら過ごしていました。

――それはちょっと恐ろしいですね……。

浪川:もしそうだとしたら怖いです。たまたまかもしれないですが。これは僕もスタッフさんに聞いていないです。パチンコやパチスロのセリフでは言いましたが、きちんとシナリオで言ったことはなかったと思います。今は言わせてもらっていますが、そのような一件も含めて、常にドキドキします(笑)。

――やっとそのセリフが来たときはどう思われたんですか?

浪川:オーディションのときの練習もですが、「つまらぬ」のところを平坦に言うことが五ェ門っぽいと感じていました。それを、すごく練習してオーディションに行ったら、「もう少し抑揚付けようか」と言われて、「あ、違うんだ」と。「そうか、そこはモノマネしなくていいのかな」とか、まだ3年目くらいだったので戸惑いがありました。名言のはずなのに、僕にとっては動揺するセリフではあったなと印象に残っています。

まさに次元!小林清志「絶対に大丈夫だから安心しろ」

――今回から、次元役が小林清志さんから大塚明夫さんに交代されますが、大塚さんの次元の印象は?

浪川:一緒に収録したときもありまして、声を聞かせていただいて、スッと入ってきたのが第一印象でした。大塚明夫さんは、僕の中でも皆さんの中でも声を聞いたら「大塚明夫さんだ」と思うくらいインパクトのある方だと思うんです。それが次元に寄り添っている。また、小林清志さんのことをすごく考えているのかな、という印象を受けました。明夫さんの言葉が正解だと思うのでわからないですが、最初の僕の印象としてはそう感じられました。

僕たちも今までのキャラクターを尊敬して、モノマネから入りました。モノマネが苦手な僕がやろうと頑張ったくらいリスペクトしています。自分も大変でしたし、今でも苦しんでいる部分があるので、僕自身も寄り添っていければなと感じています。

――小林さんと大塚さんとの交代に関して、キャスト陣でやりとりなどはあったのでしょうか?

浪川:コロナ禍で、みんなで集まってというのはないのですが、ご挨拶はできました。清志さんもルパンだけでなく色々なお仕事をされているので、この間もお会いしたとき「元気か?お前、最近よくテレビ出てるな」と声をかけてくださって、「あ、テレビ見てるんだ」と(笑)。

清志さんとは、僕たちが入った10年間も一緒にお話させてもらって考え方も聞いていますので、僕たちからはとてもスムーズに感じています。

――浪川さんも10年前に五ェ門を引き継がれて参加されましたが、小林清志さんにかけられて印象に残っている言葉などあれば教えてください。

浪川:最初に栗田さんが自分も先代の山田康雄さんから声を引き継いでいるから気持ちはわかる、と。僕たちはルパンと次元が代わっていないところへ参加していったのですが、「これからまた新しいルパンを作っていこう」とすごく優しい言葉をかけてくださいました。清志さんに至ってはもう40年くらい演じられているわけで。だけど、清志さんもそのときに、「絶対に大丈夫だから安心しろ」って、まさに次元のようでした。

――次元っぽいですね!

浪川:渋いな!カッコいいな!と。言葉数は多くないのですが、「大丈夫だ。お前ならできるし、俺達がいるんだから」という感じで。こんな安心感はなかったです。ルパン・次元の軸が変わらないのであれば、やはり今までのテイストは崩さないで行きたいというスタッフの気持ちもわかりました。現場ではすごくやりやすかったです。いろんなシリーズや映画などを収録して、10年経っても、未だに変わらずとても面白い空気感。ゲストで来られる若い方達はすごく緊張するみたいですが(笑)。でも、清志さんも冗談を言われたりする方なので、コロナ禍前は、「俺は頭はまだ50代だからよ」「わかってますよ!」と冗談を言いながら収録していました。

――ルパンファミリーには不二子もいますが、やはりルパン、次元、五ェ門という男性3人の相棒として1人だけ新たに入られたので、当時とても緊張されたのではないかな、と。

浪川:とても緊張します。周りからの印象も強いでしょうから。「渋い」や、「カッコいい」などあると思いますが、たくさん研究させていただいて色々なことに気づかせてもらったので、もちろんパーフェクトではないかもしれないですが、チームとしては、すごくやりやすいです。

逆に10年経って皆さんはどう思うのかな?と。未だに前のキャストさんのほうが良いと言う方もいらっしゃると思いますし、それは僕も受け入れています。でも、それに負けないように新しい顔も見せてあげたいな、もっと楽しんでもらいたいな、という気持ちもあるので、その葛藤はずっと続くのかな、と思います。

――五ェ門の声は、あまり浪川さんのレパートリーにない声だなと感じていて。それは最初はこれまでのキャストさんに寄せていたから、というところもあると思うのですが。

浪川:キャラクターのほうが強いということもあるのではないでしょうか? 石川五ェ門は、身なりと斬鉄剣のイメージ、そして動きなどで、もう確固たるキャラクターがあるので。

――栗田さんは10年前まではTVスペシャルなど単発作品ばかりで実質30日くらいしかルパンを演じていなかったので、新キャストさんと同じ10年前のTVシリーズからがリスタートだとおっしゃっていました。

浪川:いつもそう言ってくれます。シリーズがすごく増えましたし、今回は3年ぶりなのですが、この10年で随分様々なことをやっています。色々なCMともコラボさせていただいたり。「泥棒なのにNISA積立ってどういうこと? 泥棒なのに堅実だな!」と思いながらやっていたものもあります(笑)。

――時代ですかね(笑)。そして作品は、いつもクオリティーが高くて素晴らしいなと思います。

浪川:音楽も含めてオシャレで、クオリティーも高いです! また面白いものができているな、という印象です。今回も車の吹っ飛び方や火の出方も、カッコいいです。キャラクターがよりカッコよく見えると思うので、ぜひ注目してください!

――楽しみにしています、ありがとうございました!

メインキャストインタビュー: 50年分蓄積された次元大介のカッコよさ 二代目声優・大塚明夫「自分で引き受ける方が納得がいく」ファン故の決断『ルパン三世 PART6』インタビュー https://otajo.jp/103080

次元役・小林清志と衝突した過去も……演じ続けて四半世紀 栗田貫一インタビュー『ルパン三世 PART6』“生き様までも盗んでしまう”ルパンの魅力 https://otajo.jp/103070

『ルパン三世 PART6』押井守に湊かなえ……豪華脚本家陣のオムニバス回は超必見!「かなり衝撃になると思います」峰不二子役・沢城みゆきインタビュー https://otajo.jp/103009

山寺宏一 10年“銭形警部”を演じ未だに感じるプレッシャー『ルパン三世 PART6』インタビュー 次元役・小林清志交代も「偉業でしかない」 https://otajo.jp/102890

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

『ルパン三世 PART6』

【 INTRODUCTION 】 その男の名はルパン三世。怪盗アルセーヌ・ルパンを祖父に持つ大泥棒。 宝石、美術品、隠された財宝、不老不死の秘密、はては可憐な少女の心まで、彼に盗めぬものは何ひとつない。 相棒は凄腕ガンマンの次元大介。そして、居合抜きの達人・石川五ェ門。類まれな美貌と頭脳を持つ魔性の女・峰不二子。 執念で地の果てまでルパンを追い続ける銭形警部。 そんな個性豊かな面々とルパンが繰り広げる、ハードボイルドで、スリリングで、コミカルで、エキセントリックな物語――。

モンキー・パンチが生み出したコミック『ルパン三世』は、それぞれの時代の空気を取り込みながらアニメーションで展開され、世界中のファンを虜にしてきた。 そして 2021 年。アニメ化 50 周年を迎える今、ルパンがまた、動き出す!

新作アニメーション『ルパン三世 PART6』は、ルパンを紐解く 2 つのキーワードでストーリーを展開。 1 クール目は、〈ミステリー〉!王道かつ斬新な、謎多き物語が幕を開ける。 そのシリーズ構成を務めるのは、映像化作品多数の推理小説家でありアニメ・特撮の脚本も手がける、大倉崇裕。そして各話脚本にはゲストとして、辻真先、芦辺拓、樋口明雄、湊かなえ、押井守が参加。 小説界・アニメ界を賑わす、豪華な顔ぶれが名を連ねる。 エメラルドグリーンの背広に身を包んだルパンが繰り広げる、 新世界のための〈原点回帰〉ーークール&ミステリアスな冒険を見逃すな!!

『ルパン三世 PART6』 2021 年 10 月より日本テレビ系全国放送開始! 日本テレビでは 10/9(土)24 時 55 分より放送開始 ※各局の放送日時は公式 HP でご確認ください 配信:Hulu 他配信サイトで配信予定 ※配信先情報は、公式 HP で順次公開

【 STORY 】 舞台はロンドン。 ルパンのターゲットは、英国政府を影で操る謎の組織・レイブンが隠したお宝―― その手掛かりとなる一枚の絵。 立ちはだかるスコットランド・ヤードや MI6。ルパンの動きを察知して現れた銭形警部。そして、ルパンの前に現れた探偵――その名はシャーロック・ホームズ!シリーズ構成・大倉崇裕のメインストーリーと、豪華脚本陣のオムニバスエピソードが絡み合う、謎多き〈ミステリ・ルパン〉が今、幕を開ける!

【 CAST 】 ルパン三世:栗田貫一 次元大介:大塚明夫 石川五ェ門:浪川大輔 峰 不二子:沢城みゆき 銭形警部:山寺宏一 八咫烏五郎:島﨑信⻑ アルベール・ダンドレジー:津田健次郎 ホームズ:小原雅人 リリー:諸星すみれ

【 STAFF 】 原作:モンキー・パンチ 監督:菅沼栄治 シリーズ構成:大倉崇裕 キャラクターデザイン:丸藤広貴 美術監督:松宮由美、備前光一郎、小倉宏昌、⻄澤 航、李 凡善、竹田悠介 色彩設計:宮脇裕美 撮影監督:佐々木明美 編集:吉武将人 音響監督:清水洋史 音響効果:倉橋裕宗 音楽:大野雄二 メインテーマ:「THEME FROM LUPIN III 2021」 作曲:大野雄二、編曲:大野雄二、演奏:Yuji Ohno & Lupintic Six with Friends

制作:トムス・エンタテインメント 製作:ルパン三世PART6製作委員会 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

【公式サイト】lupin-pt6.com 【公式 Twitter】@lupin_anime ハッシュタグ:#ルパン6

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/9 11:00
  • オタ女

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます