V6三宅健、メンバーの“取扱説明書”の存在を公開「森田だったら…」

【モデルプレス=2021/10/09】V6の三宅健が、8日放送のフジテレビ系バラエティー番組『人志松本の酒のツマミになる話』(毎週金曜よる9時58分~)に出演。メンバーの“取り扱い説明書”を明かした。

◆三宅健、メンバーの“取り扱い説明書”を明かす

V6メンバーの“取り扱い説明書”がマネージャー間で共有されていると明かした三宅は、「僕だったらすごく寒がりなので、(部屋の)温度を上げるとか、白湯を用意するとか」とそこに書かれている自身の情報を紹介。エアコンの設定温度が低めのスタジオでは、27℃くらいに上げてもらうことを明かした。

さらに三宅は「うちの森田(剛)だったら、飲み物は甘いカフェラテを用意するとか、うちの岡田(准一)の場合は近くを通る時はみんな身構えるとか…」と他のメンバーの“取り扱い説明書”の内容も告白。

岡田の独特な内容に「身構える?」と疑問の声が上がると、「技とかかけてくるんですよ。だからマネージャーさんたちの中で『岡田くんが通過する時は身構えましょう』っていう取説があったらしくて」と説明し、松本人志らを爆笑させた。

◆三宅健、ファンのうちわを見間違えた恥ずかしい経験を告白

また、三宅が、ファンが持っているうちわを見間違えたことによって起こった恥ずかしい出来事を明かす場面も。

三宅は、「僕は健だから、『健』ってうちわを振られてると自分のファンの子を見つけに行って手を振るじゃないですか」と自身のファンだと思い近づいていったことがあることを回顧。

しかし、「近づいていっても全然反応が悪くて、パッと見たら隣に中島健人の『人』っていう字が…」と実は自身のファンではなく、Sexy Zoneの中島健人のファンだったといい、渋い表情で「紛らわしい」と嘆き、スタジオの笑いを誘った。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/9 10:41
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます