『水曜日のダウンタウン』おぼん・こぼん『大感動企画』の追い風も!!「相方がナイツ・土屋伸之」Netflix映画とビートたけしの「ハリウッド化」!

拡大画像を見る

 10月6日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、ベテラン漫才コンビ、おぼん・こぼんの仲直り企画の最終回となる『おぼん・こぼん THE FINAL』が放送された。

 2019年3月に放送された『芸人解散ドッキリ、師匠クラスの方が切ない説』でおぼん・こぼんが本気でケンカを繰り広げ、危うく解散が決まりかけるほど深刻な不仲に陥っていることが取り上げられて以降、番組ではコンビの仲直りのためにさまざまな企画を行なってきたが、10月6日の放送でついに決着がついた。

「9月29日の放送回でこぼん(72)の娘・いづみさんがコロナの影響で結婚式を行なうとし、そこに以前は家族ぐるみで付き合いがあったおぼん(72)に参加してほしいと呼びかけました。そして10月6日に、運命の結婚式の模様が放送されました」(テレビ誌ライター)

 そもそも結婚式におぼんが来場するのか、というハラハラから始まった『おぼん・こぼん THE FINAL』。フィクションではとても再現できない生々しい漫才コンビの人間模様を克明に映し出す結果となった。

「おぼんは無事結婚式に来場。これで仲直りへ前進したと思われたのですが、いづみさんが、式の最後に2人に仲直りを求めたところ、おぼん・こぼんは一触触発の状態になり、一時おぼんが式を退席してしまったんです。

 その後、企画の仕切り役であるナイツ、おぼん・こぼんのマネジャーを長年務める谷川さんの必死の説得もあり、おぼんは式に戻りこぼんに歩み寄りの態度を見せます。しかし、今度はこぼんがおぼんに猛反発し、再び一触触発状態になってしまいました」(前同)

■放送後の公演に「ほぼ満席のお客様」報告も

 いよいよ解散は避けられない状態かと思われたが、おぼんとこぼんをナイツやスタッフ、谷川マネジャーらが必死に説得。結婚式の撤収作業が行なわれている現場におぼんが突然戻り、「俺も入れ替えるから、お前も入れ替えや」「もういっぺんやり直そう」と提案し、最後は2人が握手し、抱き合う形でついに仲直りが達成された。

「壮絶な人間ドラマを目の当たりにした視聴者からは“ホント感動したし泣けた”“心温まる作品”などネットでは仲直り企画への反響が殺到していました。また、番組の効果は凄まじいものがあり、浅草・東洋館ではおぼん・こぼんのステージが10月7日から11日まで5日連続で続き、おぼんは7日の公演についてツイッターで“ほぼ満席のお客様にご来場頂きました”と報告していました」(前出のテレビ誌ライター)

『おぼん・こぼん THE FINAL』の効果はおぼん・こぼん本人だけに限らない。番組の終盤、仲直りをしたおぼん・こぼんが東洋館で後輩芸人や家族たちを集めてネタをやるシーンを中心に、BGMで使われた、ビートたけし(74)の1986年の名曲『浅草キッド』も注目を集めた。

「たけしさんの東京・浅草のフランス座、現在の東洋館での下積み時代を描いた楽曲ですから、これ以上にないほどぴったりの選曲でした。視聴者からも“浅草キッドは完全に泣かせに来てた”“浅草キッドがしみる”などの声もSNSに寄せられています。これほど『浅草キッド』が注目されたのは、2019年大晦日の『NHK紅白歌合戦』でたけしさんが歌唱して以来かもしれませんね」(お笑いライター)

■『水ダウ』効果で殿も恩恵を受ける!?

 番組放送後、東洋館での盛況ぶりが伝えられているおぼん・こぼん同様、『浅草キッド』を歌ったたけしにも『水曜日のダウンタウン』の恩恵があるかもしれない。

「たけしさんが1988年に発表した自伝小説『浅草キッド』が映画化され、12月9日からNetflixで配信されるんです。この小説もたけしさんが師匠・深見千三郎と過ごした日々が描かれていて、浅草が舞台となります。キャストも豪華ですし、『水曜日のダウンタウン』の効果もあって、大いに盛り上がりそうですね」(前出のお笑いライター)

 映画『浅草キッド』は、監督を劇団ひとり(44)が務め、深見千三郎役に大泉洋(48)、たけし役に柳楽優弥(31)が起用されている。

「ダブル主演の大泉さんと柳楽さんにも注目ですが、驚くのはビートきよしさん(71)役のキャスティングです。偶然にも『水曜日のダウンタウン』のおぼん・こぼん企画でプレゼンターを務めていたナイツの土屋伸之さん(42)がきよしさんを演じるんです。番組の影響で、土屋さんのキャスティングも話題になるかもしれませんね」(前同)

■たけし本人の映画も……難航した撮影

『水曜日のダウンタウン』おぼん・こぼん仲直り企画お影響で注目度が増す『浅草キッド』だが、同曲を歌うビートたけしにも動きがある。2月9日発売の『女性自身』(光文社)が、映画『首(仮)』でたけしがメガホンを取ると報じた。

「3月3日付の『スポニチアネックス』では当初2020年のクランクインを予定していたものの、コロナの影響で延期になっていると報じています。実際、撮影は今年に入ってから行なわれ、先日になってようやくクランクアップ。現在は編集作業を行なっているそうです」(芸能プロ関係者)

 2017年10月公開の『アウトレイジ最終章』となるたけしの監督作。クランクアップまでには、おぼん・こぼんさながらの紆余曲折もあったようだ。

「『首(仮)』の撮影はコロナ対策もそうですが、たけしさんの奥さんの要望もあって、撮影がかなり難航したといいます。そのお願いというのが、“たけしさんは高齢だから11時から17時で撮影を終わらせてほしい”という、まるでハリウッド映画の現場なみの、とんでもないものだったそうです。

 今作は、たけしさんの映画監督としての集大成的な作品になるといいますし、作品への期待も大きい。たけしさんが体調を崩して映画が完成しないということがあれば一大事ですし、細心の注意を払った、ということでしょうか……」(前同)

 盛り上がる浅草東洋館と『浅草キッド』。たけしの集大成映画の公開も楽しみだ!

関連リンク

  • 10/9 10:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます