『キングオブコント』優勝・空気階段に贈られたリアル「浅草キッド」!すべての芸人が涙する「ビートたけしからの言葉」

拡大画像を見る

 10月2日に『キングオブコント2021』(TBS系)で、王者となったお笑いコンビ空気階段。この『キングオブコント』終了後すぐに、衝撃的な出来事があったことが、4日深夜に優勝を受けて急きょ生放送された『空気階段の踊り場』(TBSラジオ)で明らかになった。

「鈴木もぐら(34)によると、優勝してまだなんの実感もわかずに地に足がついていない感覚のまま、背広組のスタッフに『どうぞどうぞ、こちらです』と案内されていくままにドアを開けると、そこに同局の『新・情報7daysニュースキャスター』のキングオブコント新王者インタビュー収録のため、ビートたけし(74)と安住紳一郎アナウンサー(48)がいたそうです。そりゃあ、さぞ、仰天したでしょうね。

 そこでたけしさんに言われた言葉を、ラジオでもぐらは、相方の水川かたまり(31)に促される形で再現していました」(放送作家)

 空気階段にたけしは、

「これで一生、芸人続けていくことができるな。ここからが、スタートラインだからな。こっからがスタートだから。だから、いっぱいネタ作って、どんどん、どんどん舞台立ってけよ。頑張れよ」

 という言葉を贈ったという。

 ラジオでかたまりは、もぐらのモノマネを受けてたけしの名曲『浅草キッド』を歌おうとしたが、歌詞を忘れてしまい「泡に弾けた、だよバカ野郎。酎ハイのあとは」と、もぐらがフォローを入れていた。

「かたまりによると、“僕らの出演部分が終わったら、ニュースのVTRにそのまま行って、安住さんは席について、たけしさんはVTR中に映ってないところでね、声をかけていただきまして”と語っていました。

 かたまりは“これからもコントはやり続けますので”と、改めてリスナーに告げると同時に、いわゆる“賞レース”からは身を引く発言をして、ラジオは次の話題に移りました。『浅草キッド』の歌詞そのままに、たけしさんが空気階段の2人にかけた“芸人続けていくことができるな”という言葉には、本当に重いものを感じますね……」(前同)

■芸人が涙する歌『浅草キッド』

 もぐらが歌詞を暗記していたことからもわかるように、東京・浅草で、売れることを夢見て芸人修業をした時代についてたけし自身が作詞作曲をした『浅草キッド』は、芸人なら誰もが知る名曲である。

 19年末の『第70回NHK紅白歌合戦』でたけしが歌手として出演した際は、いつもの“お笑い芸人・たけし”とはまるで違う姿を見せたのは記憶に新しい。NHKのインタビューでたけしは、

「ツービートという漫才師が出るために何組の漫才師がダメになったかも分かるし。自分がある程度、売れた時に作った歌。同じ時期の同じような生活をして、一緒にお酒飲んだり騒いでいたのに、なんでこいつが落ち込んでいって自分が売れていったかということには罪悪感がある」

 と語っていた。それだけに、空気階段にかけた言葉には、実に重みがあった。

■映画化で再度注目されている『浅草キッド』

「芸人にとって、なにが一番辛いか、なにが一番の喜びか、たけしさんはよくわかっている。死ぬほど好きなお笑いを続けられることに勝る喜びはないんです。どれだけ多くの芸人が、夢を途中であきらめたことか。それだけに、空気階段の2人にかけた言葉には万感の思いが込められていたと思います」(専門誌記者)

 16年に特番『成功の遺伝子~日本が世界に誇る30人~3時間スペシャル』(日本テレビ系)で『浅草キッド』を披露した際も、出演者の博多華丸・大吉やくりぃむしちゅー、劇団ひとり(44)ら、やはり下積みを経て売れていった芸人たちは、思わず涙ぐんでいた。

 最後はひとりが「フランス座の幕間でネタをやっていた人が今や本当にフランスで勲章をもらって・がんばったよ、たけちゃんは!」と、たけしの原点である『浅草フランス座演芸場』と、16年にフランス政府から授与されたレジオン・ドヌール勲章を絡めた発言が飛び出したが、今にして思うと、この発言には運命的なものがある。

「今年12月にNetflixで、柳楽優弥(31)が若き日のたけし、大泉洋(48)が師匠である深見千三郎を演じる『浅草キッド』が配信されるんです。この監督と脚本は劇団ひとり。たけしへの熱烈な尊敬を愛で知られていますから、内容は折り紙つきですよね。

 同業者の間でもすでに話題になっていて、元テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーのYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』で、8月28日、長年の付き合いである構成作家オークラ氏との対談で“試写で見た方がいるんですけど、大傑作らしいですよ。とんでもないらしい”“ちょっとだけ見た人がみんな、『ちょっと見てください』『早めに見てください』『やばいっす』(と言ってくる)”ということです」(前同)

 空気階段の優勝で、あらためてたけしの偉大さが浮き彫りになったーー。

関連リンク

  • 10/9 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます