稲村亜美、あの「マエケン体操」で“Dバスト”に起きた“揺れ過ぎ”事態!

拡大画像を見る

 タレントの稲村亜美が、テレビ朝日のYouTube公式チャンネル「動画、はじめてみました」で、お馴染みとなっているゴルフ動画「ハーフベストへの道」に出演(10月1日投稿)。あの“マエケン体操”で充実したバストをぶるんぶるん揺らしたシーンが話題となっている。

 一緒にラウンドした元AKB48の菊地彩香が「私、身体がめちゃめちゃ柔らかくて、パターを持ってヒジ曲げないでぐるっと後ろにいく。だから可動域がスゴい広いねって言われるんです」と飛距離の秘密を明かすと、稲村は「マエケンさんだ、マエケンさん!」と米大リーグ・ミネソタツインズの前田健太を引き合いに出し、グルグルと両腕を回す“マエケン体操”を披露。

 すると、腕を回す度に推定Dカップのバストが大暴れし、ネット上では「すごい! 亜美ちゃんの胸が揺れまくってる!」「女性がマエケン体操やるとあんなにバストが揺れるんだな。いや、亜美ちゃんだからここまで揺れるのか」「マエケンさん、マエケン体操考えてくれて本当にありがとう」などと、大興奮の声が飛び交った。

「マエケン体操とは、前田投手が広島カープ時代から行っている独特のルーティーンで、前傾姿勢で両腕をグルグル回すというもの。それをDカップの稲村がやるとあんなにもバストが揺れるものなんですね(笑)。ファンもまさかのユサユサバストに大喜びしたことでしょう」(グラビア誌ライター)

 稲村にも、是非ともマエケン体操をゴルフをプレイする前のルーティーンにしてもらいたいものだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 10/9 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます