草刈正雄の娘・紅蘭、長女と“ハロウィンコスプレ”でタトゥー際立つ美脚全開!

拡大画像を見る

 俳優の草刈正雄(69)の長女でタレントの紅蘭(32)が9日までにインスタグラムを更新。2歳の娘とのハロウィンコスプレショットを公開した。

 この日、紅蘭は「ブラックコーデだった私達 仕事の帰り道100均の外にハロウィングッズがディスプレイされてて 娘の欲しい欲しい攻撃で2つアイテムゲットしただけなのに めちゃくちゃハロウィン感出たわ」とコメントし、コウモリモチーフのカチューシャや悪魔のピッチフォークを使った娘とのハロウィンコスプレショットを公開。

 紅蘭は黒のワンピースで美脚をあらわにしており、右足に入った2015年2月に亡くなった実弟の肖像タトゥー、さらに左足首のタトゥーがそれぞれ目立っている。また、「『写真撮ろうよ!』『いいよ!ヒール履いてくるから少し待っててね』と私のヒールを履いてきた」とも明かしている通り、娘は紅蘭のハイヒールを履いており、すでにおしゃれに目覚めているようだ。

 紅蘭と娘のハロウィンコスプレに、ファンからは「娘ちゃん可愛すぎますね ママのヒールを履いてくるとか、やっぱり女の子」「イケてるおふたり」「可愛いすぎる 素敵な美人親子ですね」「2人とも可愛い!タトゥーがいい感じ!」「ヒール履くのがもはや女子力高すぎですね」「いや、激かわです ヒールが似合いすぎてる」「娘ちゃんのヒールコーデが超〜萌キュンなんですけど」と絶賛のコメントが寄せられている。

 また、紅蘭は先日のストーリーズで娘が目の病気「霰粒腫」であると明かしていたことから「くらんちゃん、霰粒腫昔手術じゃなくて注射で綺麗に治りました!参考までに はやくよくなりますように」「うちの子も霰粒腫なんです なかなか治らなくて…早く治ると良いですよね」「うちの娘も2歳くらいのときに、4つも目の周りに出来て病院に通ってました」と自身や子どもが同じ病気であるというファンからのコメントもあがっている。

関連リンク

  • 10/9 9:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます