ドイツがミュラー弾でルーマニアに逆転勝利!…次節にもW杯出場権が確定か

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループJ第7節が8日に行われ、ドイツ代表とルーマニア代表が対戦した。

 ティモ・ヴェルナー、レロイ・サネ、ジョシュア・キミッヒらがスタメンに名を連ねたドイツは、7分にヴェルナーが倒されてPKを獲得するも、これはVARの末に取り消しとなる。すると直後の9分、右サイドからドリブルで割って入ったヤニス・ハジにゴールを決められ、ルーマニアに先制を許した。

 その後はドイツがルーマニアを攻め立てる展開となるも、あと一歩のところで得点には及ばず、ドイツは1点ビハインドのまま後半へ。迎えた52分、マルコ・ロイスの落としを受けたセルジュ・ニャブリがエリア外から右足を振り抜くと、強烈なシュートはサイドネットを揺らし、ドイツにとって待望の同点弾が決まった。

 試合を振り出しに戻したドイツは、勝ち越しに向けてさらに攻撃の圧力を強め、チャンスを立て続けに創出。そして81分にCKを獲得すると、ニアでレオン・ゴレツカが逸らしたボールをファーで途中出場のトーマス・ミュラーが押し込み、ついにリードを奪った。

 このまま試合は終了。ドイツは2-1でルーマニアに逆転勝利し、勝ち点を「18」に伸ばした。

 次節、ドイツは12日に2位の北マケドニアと対戦。この直接対決に勝利し、かつ3位のアルメニアがルーマニアとの対戦で勝ち点3を逃した場合、ドイツの本大会出場が早くも決定することとなる。

【スコア】
ドイツ代表 2-1 ルーマニア代表

【得点者】
0-1 9分 ヤニス・ハジ(ルーマニア代表)
1-1 52分 セルジュ・ニャブリ(ドイツ代表)
2-1 81分 トーマス・ミュラー(ドイツ代表)

関連リンク

  • 10/9 9:25
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます