意外と難しい!?「幼なじみ恋愛」がラクじゃない理由9パターン

最初からお互いの人間性を理解しているため、ラクだと思われがちな「幼なじみ女子」との恋愛。しかし実際には、仲の良さや距離の近さが恋愛の障害になってしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「意外と難しい!?『幼なじみ恋愛』がラクじゃない理由」をご紹介いたします。

【1】「幼稚園でうんこを漏らした」など、ダサすぎる黒歴史を知られているから
「情けない瞬間をたくさん見てきたから、付き合うのはムリ!」(10代女性)など、成長過程で男として致命的なイメージを植え付けてしまっているパターンです。部活の試合や仕事中の姿を見に来てもらい、「いい男になった」と感じさせてしまいましょう。

【2】親同士が仲良しのため、傷つけると親にも責められるから
「家族関係が気まずくなったら嫌だから、ずっと幼なじみのままでいい」(20代女性)など、親同士が繋がっている間柄だと、恋愛に慎重になってしまうようです。幼なじみの女性を本気で好きなら、いっそ双方の親を巻き込んで協力を仰ぎましょう。

【3】知らないことが少ないので、一緒にいても今さら話すネタがないから
「真剣に話すのも恥ずかしいし、子どもの頃や家族の話ばかりしてしまう」(10代女性)など、幼なじみ女子との会話は色気のないものになりやすい傾向があるようです。「幼稚園のときから、お前が好きだった」などと大胆な言葉で揺さぶりをかけてみてはいかがでしょうか。

【4】家族同然の存在なので、真っ裸を見てもドキドキしないから
「弟だと思っているから、近くにいてもオトコを感じない」(20代女性)など、長い付き合いで染み付いた「家族みたい」という認識を変えないと何も始まらないかもしれません。トレードマークの髪型を変えたり筋トレに励んだり、イメージを一新したいところです。

【5】一緒にいる時間が長いため、デートに行っても新鮮味がないから
「女友達と遊んでいるときと同じ気分になりそう」(10代女性)など、交際前から関係がマンネリ化しているのも幼なじみ恋愛の困った問題のようです。慣れ親しんだ地元は避けて、なるべく遠出するなど、斬新なデートプランを考えて刺激を感じてもらいましょう。

【6】「よっ!仲良しコンビ!」と、友達から思い切り冷やかされるから
「学校で夫婦のように扱われるのが面倒臭い」(10代女性)など、幼なじみカップルは周囲からイジられやすい場合があるようです。「周りの声とか気にならないくらい惚れさせるから」と力強く宣言して、迷える乙女を引っ張ってあげましょう。

【7】お互いの気取った行動が面白く見えてしまい、恋愛ムードを作りにくいから
「幼なじみがカッコつけた服を着てるのを見て大爆笑してしまった」(10代女性)など、男としての本質を見抜かれているため、小細工が通用しないのも悩ましいポイントのようです。「髪染めたの?かわいいな」などとまずはこちらから相手のマセた行動を褒めるところから始めてみてはいかがでしょうか。

【8】自然と家族ぐるみの付き合いになり、早い段階で結婚の重圧がのしかかるから
「小さい頃に『お嫁さんにして』と言った覚えがあるし、軽い気持ちでは付き合えない」(20代女性)など、もともと仲が良いだけに交際が結婚に直結しそうになるケースです。彼女が重く考えているようなら、「変にハードルを上げるのは止めようぜ」などとプレッシャーを和らげてあげましょう。

【9】過去の恋愛経験を知られており、男としての弱点がバレているから
「さんざん恋愛相談をされて、ポンコツっぷりを熟知してるわけで…」(20代女性)など、過去の赤裸々な恋愛トークのせいで、異性としての魅力を損ねてしまうパターンです。ここは隠し事のなさを逆手にとって「誠意」を武器に迫るほかなさそうです。

総合的に、付き合いが長く仲が良いことが、かえって恋愛の足かせになることが多いようです。なかなか相手の意識が変わらなくても、めげずに引っ張ってあげましょう。(浅原 聡)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/9 9:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます