肉汁と甘さがジュワァ「ドーナツハンバーガー」は悪魔的な味だった

拡大画像を見る

 ハンバーガーのバンズ部分を特甘ドーナツに変えてしまうという、TGI フライデーズとクリスピー・クリーム・ドーナツの初コラボメニューが登場したということで、抑えきれない好奇心とともに実食してきました。

◆ハロウィン期間限定メニューは3つ

 2021年10月2日(土)~10月31日(日)の毎週土日限定で提供が始まったこのコラボメニュー。全国のTGI フライデーズ12店舗で開催中です。

 あのクリスピー・クリーム・ドーナツの人気No.1ドーナツ「オリジナル・グレーズド」を、まさかのバンズにした「フライデーズ シグネチャー ドーナツバーガー」、「フレイミング ドーナツ チキンサンドイッチ」、そしてデザートの「トリプルベリーショートケーキ」の3商品となります。

 見るからに強烈な佇まいですが、ハロウィン期間だけのスペシャリティということで、意を決していただくことにしました。

◆ドーナツの甘味とパテの肉汁がジュワァ

「フライデーズ シグネチャー ドーナツバーガー」(¥1639、以下税込)を注文。

 バンズの代わりが見るからに甘そうなドーナツで、ビーフパテを閉じ込めています。

 ガブリといくと、いつものクリスピーのドーナツなので特甘なのですが、口の中でドーナツの甘みと、ビーフパテの肉汁と塩気が混ざり合い、なんだか妙な美味しさを実感。「これは意外に合う」が正直な感想でした。

◆悪魔的な味!なんともいえない多幸感に襲われた

 もともとアメリカで誕生したという「ドーナツ ハンバーガー」は、ドーナツの甘さと肉汁たっぷりのビーフパテやソースが混じり合うことで、その甘じょっぱくてクセになる悪魔的な味わいが人気なのだとか。

 悪魔的な味に罪悪感もあいまって、なんとも言えない多幸感もありました。

◆チキンがサンドされたメニューも

 今回注文こそしていませんが、「フレイミング ドーナツ チキンサンドイッチ」(¥1639)という辛そうなメニューもありました。

  10月でアルコールもちょうど解禁に。

 クリスピー・クリーム・ドーナツの甘みに合うか心配でしたが、それに負けずビーフパテの塩味が効いているので、ビールもグイグイ進みます。

◆オリジナルソースのウマさに驚愕!

 ちなみに最初は食べきれるかどうか不安だったフライドポテトですが、備え付けの「フライデーズ オリジナルシグネチャーソース」がバリウマでした。「こんがりと炒めたガーリック、カイエンペッパーやタバスコソースにジャックダニエルイスキーを加えて、スモーキーでスウィートなフライデーズを象徴するオリジナルウイスキーソース」だそうで、非常に合います。

 バーガーの味変に使ってもいいでしょう。後で知りましたが、同店では超人気のソースだそうです。

◆デザートもゴツい!「トリプルベリーショートケーキ」を実食

 そして後半戦は、デザートの「トリプルベリーショートケーキ」(¥1089)をオーダー。

 もはやおなじみ、クリスピークリームドーナツのオリジナル・グレーズドにバニラアイスを挟み、ストロベリー、ラズベリー、ブラックベリーの3種のベリーをストロベリーソースと一緒にトッピングしてあります。

◆ドーナツの間にはたっぷりのバニラアイス

 覆っているドーナツをどかすと、たっぷりのアイスクーリームが出てきます。

 ドーナツとバニラがめちゃくちゃ甘いのですが、ベリーの酸味が相性がよく、これも後引く美味しさです。

 たとえば2名で行って半分に分けるとちょうどいい(?)かも。

 もちろん、ひとりで行って贅沢に食べ尽くしてもOKでしょう。

 さあ、食欲の秋ですので、思い切ったランチやディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<文・写真/トキタタカシ>

【トキタタカシ】
映画とディズニーを主に追うライター。「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。故・水野晴郎氏の反戦娯楽作『シベリア超特急』シリーズに造詣が深い。主な出演作に『シベリア超特急5』(05)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。現地取材の際、インスタグラムにて写真レポートを行うことも。

関連リンク

  • 10/9 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます