MLB大谷翔平の愛車・テスラはいくら?四千頭身・後藤のアウディ、藤田ニコルのベンツほか「タレント愛車」の驚異のお値段

拡大画像を見る

 メジャーリーグ・エンゼルスに所属する大谷翔平選手(27)のシーズンが終了した。エンゼルスはプレーオフに進出できず、10月3日(日本時間4日)の対マリナーズ戦が最後の試合となったが、この試合で大谷は初回に先頭打者弾となる46号ソロを放ち、日本人では07年ヤンキースの松井秀喜以来、14年ぶり2人目のシーズン100打点を記録。メジャー史上4人目かつア・リーグ史上初の「45本塁打、100打点、100得点、25盗塁」という驚異の記録ずくめのシーズンとなった。

 もはや世界のスターと言っていい大谷だが、そのプライベートについてはほとんど明かされていないが、唯一、乗っている車だけが、明らかになっている。

「カリフォルニア州パロアルトに本社を置く世界的企業『テスラ』の『モデルX』が、20年のシーズン終了後に米国自動車免許を取得した大谷選手にとって初の愛車ということです。投資家でテスラの社外取締役である水野弘道氏が、今年7月9日に自身のツイッターで《Good choice,Shohei》とツイートし、今春にキャンプインする際の日本のニュース映像を添えて投稿したことで、注目を集めました」(専門誌記者)

 7月13日付の自動車情報総合サイト『くるまのニュース』は、大谷がテスラを選んだ理由について、

《自動車に関していえば、カリフォルニア州は世界でもっとも電気自動車(EV)が盛んな地域のひとつであり、多くのテスラ車を見ることができる地域》《充電施設なども十分に整備されており、日常的な使用で不便を感じることもほとんどありません。そうした土地柄かつ、ランニングコストや税制面でもメリットがある》

 と推察している。

「ちなみに『モデルX』の価格は新車で1269万~1499万円。大谷選手の『モデルX』は、ガンメタリックのマット塗装がなされた特注品でホイールがオプションの22インチタービンホイール、ブレーキキャリパーも赤であることから、それ以上の価格にであることは間違いない。

 庶民的には高級車ですが、今季の年俸300万ドル(約3億4000万円)と来季の年俸550万ドル(約6億円)が保証され、スポンサーからの収入も年間600万ドル(約6億8000万円)。

 さらに、今季のMVP確実といわれるその活躍ぶりから、米のデータサイトでは大谷の適正年俸は驚くべきことに7120万ドル、80億円を超えると算出されていますからね……。

 大谷選手にとっては、電気自動車が盛んな地域性も含め、テスラはむしろ堅実で手ごろな選択肢だったのかもしれませんね」(前同)

 

■700万円のベンツを即買い!

「カッコいい車」は社会的地位を表すステイタスとしてこだわる人は多い。有名人ともなるとなおさらだ。

「女性タレントでは、小倉ゆうか(23)が、9月29日に高級外車である黒いメルセデスベンツGクラス(通称:ゲレンデ)のボンネットに座る写真を添えて《免許とってからはや3ヶ月、、ペーパードライバーにならずに済みました》とインスタグラムに投稿しました。こちらは新車では1251~1705万円が相場。《教習所でてからは初運転 事故せず帰れてよかったです》としていて、運転に自信がなさそうなのが、車のグレードを考えるとちょっと不安ですね(笑)」(女性誌記者=以下同)

 ベンツと女性タレントといえば、藤田ニコル(23)も豪快な買い方で視聴者のドギモを抜いていた。

 藤田は、5月8日に自身のYouTubeチャンネルで『【新車購入】藤田ニコル初めて車を買う。vol.1契約編』を投稿。メルセデスの販売店を訪れ「白くてデカめで、1850(ミリ)以下の横幅」という条件を提示したところ、「メルセデス・ベンツGLB 200 d 4MATIC」が条件ぴったりだったことから、フルオプション付で役700万円の同車を「人生のイベントだから」とサッと契約する気前の良さを見せた。

「その後、納車されて、9月21日にYouTubeで改めてお披露目。“定期的に誰かとドライブして動画撮れたらいいなと思います”と、ドライブ動画の意気込みを語っていました。ちなみにニコルと車については“教習所に通わないで免許を一発試験で合格”、“当初の予算は2000万円だった”という企画外ぶりでも知られています。まさにカリスマですね」

 男性タレントでは、間寛平(72)が10月4日にツイッターで《このNSXは30年ほど前に買った車です、36000キロほどしか走ってません、お気に入りです、ウヒハ》

 と、ピカピカに磨かれた黒のクールな車体の写真を投稿したことで、話題となっている。

■3000万円以上の車を夢見てアウディを乗り回す男も

「もともと車好きで、日産スカイライン『GT-R R34型』も普段から紹介しています。特筆すべきは、現在は3ケタに変わったナンバープレートの分類番号が93年当時の2ケタのまま。昨年10月23日にお笑いコンビテンダラーの浜本広晃(47)のYouTubeチャンネル『テンダラー浜本のゆる〜くVINTAGE AR LIFE』で、その内部が明かされていますが、なんと新車購入当時のままビニールが車のドアの敷居にあたるサイドシルに付いたまま! 奥さんが普段ジムに行くときに乗ったりすることもあるそうです」

 同じくお笑い芸人では、四千頭身・後藤拓実(24)の愛車自慢が記憶に新しい。

「後藤はダウナーな芸風に反して、高級車の『Audi A3』(アウディ)を乗り回し、“タワマンからアウディで来ました”をキャッチフレーズにしていたこともありました。新車で買うと安くても330万円以上しますが、オプションもつけているのでもっとするはずです。

 ちなみに、いつかは3000万以上する超高級アウディ『R8』に乗るのが夢だとか」

 現在の愛車、アウディR3は、

《クルマはなにもわからなくて、家から一番近いディーラーがアウディなんですけど、見に行ったらセールスの人がえげつないくらい営業がうまくて、ハギノさんっていうんですけど、気が付いたら買ってました。》

 としたうえで、

《もう少し運転に慣れたら、いつかはR8に乗りたいですね。夢があるじゃないですか。テレビ局に近づいたら「ダイナミック」のボタンを押して、警備員さんが「後藤のクルマのエンジン音だ!」って入り口を開けてくれるとか。あの音を自在に操れたら格好いいかな。R8にはかなりシビれました。》

 と、5月1日の『GQ』インタビューで明かしている。

 男女問わず人々をトリコにする車の魅力。彼らの愛車に憧れて「いつかは自分も!」となる人も少なくないだろうーー。

関連リンク

  • 10/9 7:36
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます